信州さと山農園

長野県 上伊那郡中川村

信州さと山農園

2022年2月に新規就農をしました。
基本無農薬、有機肥料中心の多品目野菜の栽培を行っています。
しかしながら、農法(どのような資材・肥料を使うか)より、
いかに良い野菜をお客様へお届けするかを大切に考えています。
私が思う良い野菜とは、以下の3点です。
①美味しいこと
②大きな食害や病害の少ない、健康な野菜であること
③栄養価が高いこと

\ まずはコレ! 生産者人気No.1商品 /

  • 朝採りの新鮮な野菜をその日のうちに出荷、最短翌日お届け
信州さと山農園

【信州産】旬の朝採り野菜セット(7~9品目)

  • 農薬節約栽培

¥2,200

わたしたちのこだわり

『食』を通じてお客様の暮らしを少しでも良い物にしたい

『食』を通じてお客様の暮らしを少しでも良い物にしたい

『食』は人生において生きる為の物でもあり、娯楽(食を楽しむ)物でもあると考えており、
当農園では、全ての消費者の方に喜んで頂けるようなものを提供出来るよう努めます。
消費者とは、購入して下さった方、食べる方だけではなく、調理をする方は勿論、更に言えば直接当農園の野菜には関わらずとも、そのお知り合い方も消費者であると考えています。
少し珍しい野菜や、美味しいと思うお勧めの食べ方、野菜の小ネタや、栽培の小話などもセット野菜と一緒にお届けをし、食べて、作って、知って、それを日常の中の話題にして、そのように『食』を通じて日々の暮らしの中に少しでも彩りを加えられたらと、そのような想いでお届けさせて頂きます。

自然の恩恵を受けた野菜

自然の恩恵を受けた野菜

当農園は標高約600mの準高冷地にあり、昼夜でしっかりとした寒暖差があります。
また、粘質の赤土土壌の為、引き締まった生育をし、特に根菜類は食味が良い物が出来ます。
このような自然の恩恵を受け、良い野菜を作ることが出来るよう努めています。

より良い食味の野菜を届ける

より良い食味の野菜を届ける

完全無農薬、無化学肥料や有機JASという形に固執せず、いかに美味く、良い野菜をお届け出来るかを大切にしたいと考えています。
出来る限り窒素分を減らし、海藻をベースにしたアミノ酸やミネラルを豊富に含んだボカシ肥量を元肥として使い、また、植物の生育を手助けする植物ホルモンが豊富に含まれている植物抽出エキスや、アミノ酸やビタミン類をこまめに葉面散布をすることで、
えぐみや渋み、青臭さを極力減らし、甘みや本来の香りを引き立てられるように栽培管理をしています。

【使用している肥料に関して】
窒素分は100%有機素材を使用。
一部の微量要素分は天然鉱物や、有機物由来のものにこだわらず、化成肥料を使用(全施肥量のうち5%前後)
【農薬の利用に関して】
化学合成農薬、除草剤は全期間を通して不使用
微生物を使った農薬(BT剤等)や、植物抽出エキスと食品添加物で作られた農薬(過剰に飲んだりしない限りはそのまま飲んだとしても問題が無いような物)を一部で使用
*上記農薬に関しても栽培物の30%以上が収穫出来なくなる恐れがあると判断した場合にのみ使用

この生産者の商品一覧