くだものももなしりんごぶどう

長野県 下伊那郡

くだものももなしりんごぶどう

長野県高森町にて果物の生産販売を行っております。

わたしたちのこだわり

化成肥料通常の10分の1での栽培

化成肥料通常の10分の1での栽培

この農園では化成肥料を通常の10分の1以下で栽培することを念頭に置いており、果実の大きさや形は冬場の剪定にて強剪定(ものすごく切る)を行い水分の流れを枝に集中させ果実の肥大を測る生産を心がけています。肥料は基本的に刈った草を「敷き詰め堆肥」として使用し、酸性土壌となった畑を春先の石灰で補っております。

通常の生産量の半分で生産

通常の生産量の半分で生産

この農園では10a(1反、330坪)当たり3600㎏の生産と言われてるりんごを1800㎏で生産することを心がけております。通常10a25本ほどのりんごの木が植えてありますが当園では13~14本で栽培します。樹幹を開けることにより太陽の光がまんべんなく当たり糖度が高く色つきのいいりんごに仕上がります。難点はお分かりの通り生産量が持てないこと、ですので通常の農園の倍の面積を生産しており500a(5町5ha16500坪)で250a(2町5反2.5ha8250坪)の生産量ほどにしかなりません。

この生産者の商品一覧