押田農園

埼玉県 久喜市菖蒲町

押田農園

関東平野のほぼ中央に位置する
彩の国(埼玉県)・喜びの町(久喜市)
にてお米を栽培しています

さらに町の名の由来となった
紫紺のあやめの花が
自生する菖蒲町

星川の水と
自家製の完熟堆肥を使用し
『てまひま米』として
優しく美味しいお米づくりに
取り組んでいます。


2つのこだわりに基づいて
お米づくりをしています。

自然の力を引き出す元気な土づくりをして
本来のお米の『優しい美味しさ』
を引き出します。

捨てない・燃やさないを
日頃から心がけています

有機物を最大限再利用する
循環型の農業です。

これによりCO2の排出削減や
化学肥料からの
窒素放出を減らして
『地球に優しい』
持続可能な農業を目指しています。

小規模なため
とても小さな取り組みです。

しかしながら
食べていただけるみなさまの
「美味しい」に加え
これからの将来世代に少しでも
お役に立てればと思っています。