八女の天空茶屋 栗原製茶

福岡県 八女市

八女の天空茶屋 栗原製茶

栗原昭夫

食べチョク登録:2021年08月

お茶の生産地として有名な福岡県の八女地方。栗原製茶の茶畑がある矢部村は、さらに山を分け入った奥八女に位置します。福岡県下最高峰の釈迦岳·御前岳の麓にあり、茶畑の標高はもっとも高いところで約700m。昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が発生する自然豊かなこの場所は、害虫が越冬しにくいため減農薬栽培が可能です。
この最適な環境が育てる、栗原製茶の上質なお茶を心ゆくまでお楽しみください。

わたしたちのこだわり

〝天空の茶畑〟が育む香りとうまみのお茶

〝天空の茶畑〟が育む香りとうまみのお茶

わたしたちが栽培する茶畑は、昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が発生する自然豊かな場所です。実はこの環境がお茶を育てるには最適なのです。お茶の樹がじっくりと成長するため、たっぷりと養分を蓄え、香りが高く、うまみのあるお茶が生まれます。また高級茶である玉露は日光を遮って栽培しますが、急峻な谷に囲まれた矢部村は日照時間が短く、いわば地形が天然の玉露をつくってくれるようなもの。こうして生まれた栗原製茶のお茶は、日本はもとより海外の人にも飲んでいただいています。

自家製有機肥料で大切に土づくり

自家製有機肥料で大切に土づくり

矢部川の上流に位置し、澄んだ水と空気、豊かな自然に囲まれた栗原製茶の茶畑。人里離れた場所ならではのお茶づくりを大切にしようと、環境保全や土づくりには強いこだわりをもっています。土づくりは、堆肥に米ぬか、もみ殻を加えたものを基本として行い、肥料は、油かす、魚かすなどを厳選し、配合したものを施します。創始者の教えを守り、刈り取った草や製造過程で工場から出たお茶の粉も畑に戻しています。また冬場は雪が積もり、害虫が越冬しにくい環境のため、農薬に頼らないお茶づくりが可能です。除草剤も一切使用せず、雑草は人の手で取り除いています。こうして管理された茶畑の土は、まるでフカフカの絨毯のようです。

創業70年の歴史と光る職人の技

創業70年の歴史と光る職人の技

栗原製茶は創業70年、4代にわたって福岡·八女でお茶づくりを続けています。
お茶の葉の栽培から、製茶の加工、さらには産地直送による販売まで、一貫して行う自園自製の茶農家です。多くの工程が機械化されている現代において、栗原製茶では人の手によるお茶づくりを大切にしています。昔ながらの栽培方法はもちろん、手揉みの技では高い技術を持ち、全国手揉み茶技術審査大会では矢部村チームとして最優秀賞を受賞しました。日本茶インストラクターの資格も取得。
玉露の品評会では2年連続農林水産大臣賞を受賞。畑でも、工場でも、お茶と会話しながら、より良いお茶づくりを目指しています。これからも生産者の顔が見えるお茶をお届けしたいと思っています。
天·地·人の織り成す栗原製茶のお茶を心ゆくまでお楽しみください。

この生産者の商品一覧