まごえ農園

静岡県 磐田市

まごえ農園

静岡県西部磐田市で磐田青果販連・農業協同組合の職員として35年間、青果物販売を中心とした営農業務に携わった園主が2013年よりエゴマ栽培普及に取り組み、2015年に自費で搾油機を導入し搾油施設を自宅前に整備しました。本格的にエゴマ栽培に取り組むため2019年56歳で早期退職し専業農家として、まごえ農園を立ち上げました。現在は201アールの畑でエゴマの栽培から搾油、販売まで一貫生産に取り組んでいます。
日本エゴマ協会認定エゴママイスター、遠州エゴマの会主宰。

わたしたちのこだわり

毎日孫が摂取している安心・新鮮なえごま油

毎日孫が摂取している安心・新鮮なえごま油

孫が、私の作ったエゴマ油を毎日うまいうまいと食べています。
大切な人が毎日摂取するものだから。
当園では栽培期間中農薬不使用・化学肥料不使用でエゴマを栽培しています。

体に元気をくれるまるでしぼりたて野菜ジュースのような油

体に元気をくれるまるでしぼりたて野菜ジュースのような油

非加熱圧搾・生搾りにこだわっています。
圧搾式の搾油機を使い、生産者ならではの収穫から選別、洗浄、乾燥、保管などコールドチェーンに至るまでこだわり厳選されたエゴマ種実を都度必要量のみ取り出し、搾油した搾りたてをご提供しています。エゴママイスターの資格を持つ園主自らが一本一本丁寧にビン詰めしたエゴマ油です。

未来を切り開く

未来を切り開く

「健康」をキーワードにエゴマが「食」と「農」と「人」を結ぶ活動を続けます。
地域でエゴマの普及活動を続けてきました。自ら汗を流す人(生産者)が報われる(健康になる)ことを原則に食料自給の大切さや健康も自給しようとセミナーや栽培講習会を通じ、現在100人以上の方が遠州エゴマを栽培し、栽培技術の向上や栽培者同士の交流も広がっています。また、昨年からは地元農業高校での課題研究会の活動支援もはじまり栽培から加工品開発まで若い世代も巻き込んで普及活動を広げています。

この生産者の商品一覧