nico garten(にこがるてん)

茨城県 行方市

nico garten(にこがるてん)

茨城県の南東・鹿行エリアより、寒暖差のある北浦湖畔と高台の赤土大地で色々な季節野菜を育てております。2018年より祖母の元で就農しました。植物性堆肥100%で育てた野菜本来のピュアで新鮮な美味しさをお届け致します。よろしくお願い致します。

わたしたちのこだわり

大地に根付いた野菜たち

大地に根付いた野菜たち

ここ茨城県行方市の大地は高低差があり昔から野菜の栽培に適している産地です。僕の畑でも低地ではレンコン・芹・ナスなど、水捌けの良い赤土高地ではサツマイモ・トマトなどその性質を活かした健康で負担のない栽培をしております。基本は露地での栽培です。

植物性100%堆肥

植物性100%堆肥

元々の土の力とそれを支える虫や植物を生かし、有用菌の活性化と健康を保つため米ぬか、もみ殻くん炭、バーク、腐葉土、藻類、ハラタケ(キノコ)、竹炭など地元で取れる植物性のものだけを加熱や発酵を経て畑に撒いております。その環境で育てた野菜はピュアで力強いですよ。

密植による相乗効果

密植による相乗効果

多品目の野菜を育てる上で気にしている事、作物同士の相性です。ナスは沢山水を欲しがるしかし多すぎると病気になるので隣に紫蘇を植えます。トマトもバジルやオレガノと植えます。キュウリはディルとサラダバーネットと植えます。レンコン と芹も相性良いです。それぞれの根っこに住む菌との相性のせいか味も香りもよく病気にもなりにくいです。

この生産者の商品一覧