博多すぎたけ商店(ドリームマッシュ)

福岡県 大木町

博多すぎたけ商店(ドリームマッシュ)

食べチョク登録:2020年11月

福岡県大木町を拠点とする当社では、長年にわたり多種多様のきのこ栽培を行っており、きのこのパイオニアとして活動しております。また、野生の品種から食味と品質に優れた希少品種「博多すぎたけ」の栽培に約9年の歳月をかけて成功しました。

わたしたちのこだわり

当社自慢の希少品種「博多すぎたけ」ご紹介

当社自慢の希少品種「博多すぎたけ」ご紹介

正式名称ヌメリスギタケ。天然物は、滅多に出会えない珍しさとそのおいしさから「幻のキノコ」と呼ばれています。 シャキシャキとした食感と微かなぬめりは、博多すぎたけならではの美味しさです。汁物、鍋、炒め物、煮物、和え物など、幅広くお使い頂けます。
福岡県大木町を拠点とする当社では、約9年の歳月をかけて野生の品種から食味と品質に優れた希少品種「博多すぎたけ」の栽培に成功しました。キノコ愛好家達だけが楽しんでいた味わいを、毎日の食卓へお届けします。

きのこ栽培の豊富な経験と信頼の実績

きのこ栽培の豊富な経験と信頼の実績

長年の経験と独自の鮮度保持技術、法定以上の安全品質基準にて管理されており、北は北海道から南は沖縄まで、約20,000箇所以上の、学校、病院、レストラン、大手企業様で業務用食材として当社のきのこが評価採用されています。

安心と安全へのこだわり

安心と安全へのこだわり

安全と品質を守るため法規制の遵守を徹底し、加えて法定以上の安全品質基準を独自に定めることで、事故の未然防止に努めています。使用する原料の鮮度や安全性を担保するために、外部検査機関での検査実施(残留農薬検査、放射能検査、微生物検査)し、当該商品の市場への流出を防止できる体制(JGAP2010・衛生監視検査)を整え、商品の継続的な安全品質の確保、管理の徹底に取組んでいます。

西日本最大の有力産地

西日本最大の有力産地

当社がきのこの生産拠点としている福岡県大木町は、西日本最大のきのこの産地として年間約6000t以上のきのこを生産出荷しています。経験が豊かなで技術力の高い農業法人がグループ化されており、自社で栽培したきのこ以外にもグループ間で栽培される多彩で付加価値のあるきのこを日本全国にお届けする事ができます。

この生産者の商品一覧