濱田裕子

青森県 下北郡東通村

濱田裕子

◆お客さまへのごあいさつ◆
本州北端に位置する、青森県下北郡東通村で、いちご農家を営んでおります。
2016年4月に、OLを脱サラして就農しました。
茨城県出身。美術系の学校を卒業したのち、都内の人材教育企業で約11年勤務、退職と同時にIターン(孫ターン)をして、いちご農家を志しました。
日々、いちごに愛着をもって接しています。
いちごの栽培と並行して、季節の野菜栽培、養蜂にも取り組んでいます。

─ ─ ─ ─ ─

◆生産物・地域の紹介◆
本州最北の地、下北半島。
その中の、最東端に位置する 東通村 というところで、夏秋いちごという作型で栽培しています。
下北地域には“やませ”と呼ばれる偏西風が夏場に吹き、全国的に暑さが厳しい時期でも、冷たい風が吹くことで冷涼な気候となります。そういった環境が、夏秋いちごの栽培に適しているため、国産いちごが市場から減少する時期に、出荷することが可能です。
養蜂に関しても、青森県はニホンミツバチの北限とされています。
冬場、厳しい寒さを越冬させるのが非常に難しいですが、移動させずに養蜂しております。

─ ─ ─ ─ ─

◆伝えていきたいこと・信念◆
農業以外の職種を経験して、農家という道を選択しました。広い視野と、柔軟な発想で試行錯誤しながら農産物を生産しています。夏秋いちごやはちみつは、季節によって味が多少変化しますが、自分で食べて美味しいと思えるものを消費者にお届けしたいです。