マルホン小西漁業

北海道 寿都郡寿都町

マルホン小西漁業

食べチョク登録:2020年 06月

 北海道の日本海側、寿都町で定置網漁業、牡蠣・ホタテ養殖を行っているマルホン小西漁業です。
 『北海道寿都の海から、うまい魚を』を合言葉に、寿都の魚介類をよりおいしく食べてもらうため、生産現場でしかできないこだわりの活〆処理を施す『美味しい魚づくり』に日々挑戦しています。

わたしたちのこだわり

船上活〆

船上活〆

魚は漁獲してから出荷するまでの処理方法によって、味が大きく変わってきます。私たちがこだわるのは漁獲後の処理である“活〆”です。
私たちは一尾ずつ、延髄とエラを切る方法により、瞬殺、放血を行っています。
漁獲後すぐに船上で活〆した魚は、旨味を残したままの状態です。また、同時に体内の血も抜くため、鮮度保持にも効果があります。
例えば、ホッケは開きとして焼き魚の代表ですが、活〆することで刺身で食べることもできます。今まで食べてきた魚とは違う、処理された美味しい魚を提供します。

北海道の自然が育てる牡蠣とホタテ

北海道の自然が育てる牡蠣とホタテ

北海道寿都の海には尻別川と朱太川、2つの清流が流れ込みます。これらの川は、国立公園の一部である羊蹄山麓やニセコ連山の麓を流れ、山の栄養を寿都の海へと運んでくれます。
そこで育った牡蠣は、キレイな海で育ったとわかるサッパリとした味わいに。
ホタテは養殖かご内のホタテ枚数を減らし、さらに通常よりも長い3年間育てた特大サイズ。
どちらも間違いない美味しさです。

この生産者の商品一覧