原田酒造場

岐阜県 高山市上三之町

原田酒造場

飛騨高山の古い街並「上三之町」で「飛騨の酒 山車」という日本酒を醸造販売しております。江戸末期創業で現社長の私で10代目になります。「旨い酒で人生はもっと豊かになる。」を目標に掲げ、とにかく旨い酒で皆さんの心を豊かにすべく全社一丸となって酒造りに励んでおります。伝統的な「飛騨流厳冬寒造り」を大切に、自然界からの贈り物「農大花酵母」を使用し、日本酒の新しく果てしない旨さと魅力の可能性に挑戦しています。

わたしたちのこだわり

自然と伝統の技を活かした「飛騨流厳冬寒造り」

自然と伝統の技を活かした「飛騨流厳冬寒造り」

北アルプスの麓・飛騨高山は盆地であり、四季がハッキリしていると同時に冬の寒さは格別です。寒い時には外気が-13℃にまで下がる時もありますが、気温が低いということは、雑菌等の微生物の活動が抑制され、日本酒を造るために必要な乳酸・麹菌・酵母などの微生物の純粋な培養活動に適した環境となります。当蔵では200年にわたる伝統の寒造りの手法を今も守り、飛騨の峻烈なる冬に合わせた自然を活かした酒造りで清冽な日本酒を醸造しています。

天然酵母「花酵母」で日本酒の無限の可能性を追求!

天然酵母「花酵母」で日本酒の無限の可能性を追求!

日本酒は、麹菌が繁殖した麹が蒸し米をブドウ糖に分解して、そのブドウ糖を酵母がアルコールに分解して酒となっていきますが、その時の香りと味の決め手となるのが酵母。伝統的な日本酒酵母ももちろん使用しますが、当蔵では特定名称酒中心に東京農業大学で世界で初めて分離された「農大花酵母」を使用しています。花の蜜から特殊な方法で清酒酵母を分離するのですが、花の香りや味がするのではなく、花の種類によって、超フルーティーなタイプ・含んだ時の旨みが広がるタイプ・酸味が爽やかなタイプ・超絶口当たりが滑らかなタイプ等、日本酒の長所をグィっと引き出してくれるのが花酵母なのです。日本酒はまだまだ美味しくなる!我が蔵の挑戦は続きます!!

この生産者の商品一覧