なにもいれない自然栽培野菜6品
なにもいれない自然栽培野菜6品
なにもいれない自然栽培野菜6品

なにもいれない自然栽培野菜6品

自然栽培野菜

<味>
無肥料栽培のため、味の種類が多く以下のような味を同時に感じられます。
うまみ、渋み、塩味、甘味、苦味、えぐみ、酸味

<栽培のこだわり>
畑には”何も入れない”

自然栽培(無肥料、無農薬)

肥料を使わない代わりに、水、空気、光、種、磁力、引力、生き物たちの力を最大限に生かすようにしています。

季節によっては、果物もはいります。


【こだわり】
今の農業は、田んぼや畑に人間が肥料などを足し算(プラス)していく農業ですが、
自然栽培は、引き算(マイナス)していくものです。
そのことによって、植物が本来持つ能力を最大限引き出せます。

植物は、植物ホルモンが芽や茎、根を成長させます。
茎をまっすぐに伸ばす垂直仕立てをすることで、この植物ホルモンを最短距離で、行き来させ、成長が促されます。

畑には、木を植えます。
木が生えていることで、空間の磁力が上がり、野菜たちの生育も上がります。

なごみ農園では種にもこだわり、できるだけ自分で種を取り、取れないものは固定種を買い育てています。
このことにより、生き残っていった野菜たちが次の世代のタネになるため、この土地にあった野菜になります。
これは、野菜を食べてくれる方々にも我々百姓にとっても、いいことです。
<産地の特徴>
富士山麓のおいしい空気、水、土、光を浴びたパワーいっぱいです。


<品種など>
固定種メインです。
自分で交配した品種もあります。
ゲノム編集のタネは、つかいたくありません。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る