たかはし果樹園

新潟県 加茂市

たかはし果樹園

食べチョク登録:2022年 09月

たかはし果樹園は新潟県加茂市にある
小さな果樹園です。
果樹園では桃や梨、西洋梨「ル・レクチェ」を
生産販売しています。

果樹園の面積を制限して、ひとつひとつの果実に
限りない手間と愛情をかけた贅沢でプレミアムな
くだものを生産しています。

西洋梨「ル・レクチェ」では新潟県の
果実品評会にて二度の最優秀賞を含む
数多くの受賞歴を誇ります。

たかはし果樹園では収穫量よりも美味しさを
求めて必要最低限の有機肥料のみを与え
丁寧な木づくりで養分のロスを
最小限に抑えることにより
美味しいくだものを目指します。
もちろん、除草剤は使用しないなど
安心安全は当たり前です。

殊更に強い甘さを求めるのではなく
雑味のない、お召しあがりいただいた方を
癒やすことのできるくだものを日々研究して
全国の皆さまにお届けいたします。

わたしたちのこだわり

全ての果実に袋かけをしています

全ての果実に袋かけをしています

たかはし果樹園では全てのくだものに外部の
影響から果実を守るために袋かけをしています。

袋かけは膨大な手間とコストがかかる上に
糖度の低下も指摘されることが多く
近年では大幅に減少している作業です。

バラ科のくだもの、特に梨や桃を無農薬で
作ることは極めて困難です。
たとえ無農薬栽培を達成できたとしても
その果樹園で発生した病害虫は
地域の周辺の果樹園に飛散します。
たかはし果樹園は産地を犠牲にした
くだもの作りには賛成できません。

使用法を厳守して最低限の農薬を
使用しながら、少しでも農薬や病害虫の
被害から果実を守るために
袋かけはとても大切だと考えます。

数十年後も作り続けられるくだものであることを

数十年後も作り続けられるくだものであることを

たかはし果樹園では有機肥料での栽培を
進めています。

現在主流を占める有機と化成を上手に配合した
「配合肥料」は成分バランスが良く
使いやすいので、くだもの作りにも
欠かせないものになっています。

ですが、化成肥料原料の枯渇と
肥料価格の暴騰は止まりません。

肥料の価格が2倍3倍となれば
販売価格に転嫁せざるを得ませんし
JA出荷などの市場流通を利用する農家は
価格転嫁すらできません。
利益が無くなれば、くだもの作りは
当然続けることができません。
また、原料が無くなってしまえば
お金を払っても肥料を与えることすら
できなくなってしまいます。

たかはし果樹園では、将来に渡って美味しい
くだもの作りができるよう
有機肥料の中でも土作り効果も高い肥料を
厳選して、資源の無駄使いをしないように
必要最低限の量を与えています。

パッケージもスタッフが考えます

パッケージもスタッフが考えます

直接販売をする個人農家でもパッケージを
オリジナルのものにする方が増えてきましたが
たかはし果樹園では以前から専門家に
任せるのではなく、スタッフが
自ら化粧箱のデザインをするなど
デザインに深く関わってきました。

せっかく数限りない手間をかけて
大切に育ててきたくだものですから
最後まで愛情を込めて
皆さまにお届けいたします。

自分で作ったくだものをお届けする当たり前が…

自分で作ったくだものをお届けする当たり前が…

自分の果樹園で作られたくだものを
皆さまにお届けする
そんな当たり前のことにもこだわっています。

たかはし果樹園はひとつひとつの果実に
しっかりと手をかけられるように
あえて果樹園の規模を小さくしています。

そのため、時には販売するくだものが
無くなってしまうこともありますが
だからといって、他の農家から譲ってもらった
くだものを何の説明も無く
自分のくだものとして
販売するようなことはしません。

品物が無い時にどうしてもくだものが
必要という方にはしっかりと説明をして
納得していただいてから販売します。

そのため、悪天候の影響による不作などの場合や
私どもの在庫管理ミスによる品切れなどの場合は
ご注文をキャンセルさせていただく可能性が
ありますことにご理解いただきますよう
よろしくお願いいたします。

こだわりを持っているからこそ
目先の売り上げを追うのではなく
自らのくだものに責任とプライドを持って
果樹園を運営していきます。

この生産者の商品一覧