阿部農園

青森県 平川市沖館宮崎164-1

阿部農園

ご覧いただきありがとうございます^_^
青森県平川市でりんご農家やってます。
他フリマサイトではにゃんこ先生で出品してました。

突然ですが皆さん大切な人に贈るりんご、ご自身で食べるりんごは美味しいりんごが良くないでしょうか?
私はりんごを作るなら見映えより、味を重視して栽培したいと思っていますので美味しさには自信があります。

皆様には是非産地にこだわって購入していただきたいと思います。地域の気候によって味に差が出るのは生産者にとってどうしようもない事ですが
確実に美味しい産地とそうでない産地があります。
私の地域は美味しいりんごが出来る産地です。自信を持って言えます。
その根拠はまず青森県の場所にあります。
りんごは昼夜の寒暖差で美味しくなります。皆さんご存知の通り青森県は北国ですので南の地域より寒い為、寒暖差が大きくなります。ならば、青森県より北の方が寒暖差が大きくなるのでは?と思われると思います。
ですが、青森県より北になると降雪が早い為収穫が早まってしまいます。
地域的に青森県はりんご栽培に適している地域です。
しかも、青森県人はりんご栽培が始まってから140年を越える年月の中でりんご栽培に特化して栽培技術を磨いてきました。
青森県人は職人気質なので商売では不器用ですが、ひたすら美味しいりんごの栽培技術を探究してきました。
先輩方の苦労のおかげで今日の美味しいりんごがあります。伊達にりんご生産量日本一ではありません。
ですが、青森県の中でも地域的なものと、栽培方法によって味の差はどうしても出来てしまいます。
私が栽培している平川市は山岳地方なので、作業はしづらく大変ですが昼夜の気温の寒暖差が大きい為、美味しいりんごが出来る地域です。
その平川市で葉とらず栽培でりんごを作っています。
葉とらず栽培とは、通常皆様が思い浮かべるりんごは、まんべんなく赤い色をしていると思います。
あのりんごは赤い色をつける為に収穫のおよそ1ヶ月前からりんごの周りの葉っぱを除去して太陽の光を浴びやすいようにしています。太陽の光を浴びると少しずつりんごは赤くなっていきます。
太陽の光をいっぱい浴びるのだから美味しくなりそうな感じがしますがそうではありません。
味に関しては葉っぱが太陽の光を浴びる事が重要です。
大体の果物はそうだと思いますが、果物は葉っぱで光合成をして糖分等の栄養素を作っています。
当然、収穫まで葉っぱはあった方が美味しくなります。
葉っぱの影になっている部分や、陽の当たらないりんごの裏側は赤い色にならず、見映えは悪くなるのですが、収穫まで栄養を果実に蓄えさせる栽培方法を葉とらず栽培と言います。
私は見映えよりも味にこだわりたいので、葉とらず栽培を実践しています。
私はりんご作りしか出来ませんが、りんご作りは妥協せず一生懸命頑張ってます。
最近、Instagramを始めて少しずつですが更新してます。色々りんごの状況等更新してますので、是非そちらも見ていただけると嬉しいです^_^

最後になりますが味は他に負けないつもりで栽培していますので、是非一度私のりんごをご賞味ください^_^

わたしたちのこだわり

葉取らず栽培

葉取らず栽培

プロフィールにも載せましたが
阿部農園では見映えより味を優先していますので、葉取らず栽培を中心にりんごを栽培しています。
りんごの葉を収穫まで除去しない事で
葉の影や陽の当たらないりんごの裏側は赤い色がつかず見映えは悪いですが
光合成が最後まで行われる為美味しいりんごになります。

北国で山岳地帯なので昼夜の気温の寒暖差が大きい

北国で山岳地帯なので昼夜の気温の寒暖差が大きい

こちらもプロフィールで書きましたが
青森県は北国なのと、私の栽培している平川市は山岳地帯なので昼夜の気温の寒暖差が大きく
りんごが美味しくなる条件が揃っています。

この生産者の商品一覧