NPO法人あがた農楽園

栃木県 足利市

NPO法人あがた農楽園

私たちは、使われなくなった農地やビニルハウスを借りて、じゃがいも、さつまいも、スナップエンドウの栽培をしています。野菜を育てているのは、障がいを持った就労支援施設の利用者と地域の高齢者です。メンバーのほとんどが農家なので、農機具を出し合い交代で栽培の指導をしています。このたび、私たちの活動を多くの方に知ってもらおうと、ショップを開設することにしました。不慣れな点などありますがよろしくお願いします。

わたしたちのこだわり

愚直に農業と向き合っています

愚直に農業と向き合っています

日々の農作業に向きあっているのは、知的障害をもつ施設の利用者です。年齢も作業能力も大きな個人差がありますが、一人ひとりが与えられた作業に愚直に取り組んでいます。
育った野菜一つひとつの味に仲間たちの思いが込められていると思います。

農業歴半世紀の知恵が集まっています

農業歴半世紀の知恵が集まっています

障がい者の指導を行うのは、あがた農楽園のメンバーで、その大半が農業歴50年を数えるベテランです。気候や水など地域の環境を熟知し、米麦・いちご・アスパラなど野菜づくりの熟練者ですので、その知恵を集めて仲間と一緒に品質の良い野菜づくりに努めています。

高齢者も障がい者も若者も、みんな農業で笑顔になる

高齢者も障がい者も若者も、みんな農業で笑顔になる

私たち「NPO法人あがた農楽園」のモットーです。

この生産者の商品一覧