たけもと果樹園

北海道 余市郡仁木町

たけもと果樹園

2021年に北海道余市郡仁木町にて新規就農した「たけもと果樹園」です。
学生の頃から農業に興味はありましたが、仕事として考えていなかったので、大阪で会社員として働き40代となりましたが、好きな農業を仕事にしたいという気持ちが抑えられず、40代半ばで、農家になることを決めました。
北海道で果樹をやりたいと思ったら、仁木町がヒットし、この町で新規就農しました。
果樹園の前オーナーから引き継いだ、さくらんぼ(佐藤錦、紅秀峰)やブドウ(シャインマスカット等)を栽培し販売しております。

「果実とやすらぎの里」
仁木町は豊かな自然環境に恵まれていて、農業が盛んです。
北海道一を誇るさくらんぼは、品評会で最優秀賞を受賞しております。

農業は重労働で大変なことも多いですが、丹精込めて作った果物を、美味しいと喜んでもらえたときは、苦労が報われます、幸せを感じます。
来年はもっと良いものを作ろうと励みになります。

海外に輸出したい
中国、シンガポール、インドネシアに住んでいたこともあり、現地の知人も多いので、将来的には輸出して海外の人たちにも食べてもらいたい、というのが夢です。

わたしたちのこだわり

有機成分100%の肥料

有機成分100%の肥料

魚粕、植物粕、鳥糞等を原料とした有機成分100%の肥料を使用しています。
こどもからお年寄りまで安心・安全に食べてもらいたい思いで、日々大切に育てています。

マメコバチの利用

マメコバチの利用

さくらんぼは、同じ品種同士では受粉しても結実しない特徴があり、
異なる品種(佐藤錦、紅秀峰など)を受粉することで結実します。
たけもと果樹園では、訪花昆虫であるマメコバチ(小型の野生バチ)の巣箱を設置し、
花粉を運んでもらっています。

この生産者の商品一覧