伊藤農園

和歌山県 有田市

伊藤農園

食べチョク登録:2021年 05月

伊藤農園は明治の中頃からみかん問屋として創業。現在は、有機肥料を使ったみかん栽培に力を入れており、土づくりからこだわった自家農園を拡張しつつ、信頼できる地元みかん農家さん達の協力を得て様々な加工品づくりにも取り組んでいます。

わたしたちのこだわり

有田と、伊藤農園

有田と、伊藤農園

和歌山では山地の多い地形を利用し、斜面に段々畑をつくってを栽培しています。この段々畑のおかげで、水はけがよくなるのに加えて、太陽と黒潮から吹く潮風がみかんの木全体に満遍なく当たり、甘味の強い美味しいみかんが育ちます。

現在伊藤農園では和歌山県内で14ha(東京ドーム約4個分)の園地を管理し、様々な柑橘を育てています。

農薬を使わない、 手作業での栽培

農薬を使わない、 手作業での栽培

特別栽培農産物ガイドラインに準じ化学合成農薬・肥料5割以上削減して育てています。現在伊藤農園では節減対象農薬を6割削減・肥料は化学肥料を使用せず有機肥料のみを使用しているため不使用となっています。また除草剤を使用せず、草刈機を使って人の手で作業を行っています。

おいしいみかんづくりの 秘訣は段々畑での栽培

おいしいみかんづくりの 秘訣は段々畑での栽培

伊藤農園がある有田市は、傾斜地のほとんどが石垣の段々畑になっている全国でもめずらしい地域です。石垣は保温効果、排水効果、光の反射効果があり、おいしいみかんづくりの秘訣です。平地に比べ移動が困難なため、栽培や収穫にはかなりの手間ひまがかかりますが、より強いコクと甘みのあるみかんをつくることができます。

オリジナルの搾汁機で、求めたのは「手しぼりの味」。

オリジナルの搾汁機で、求めたのは「手しぼりの味」。

大切にしているのは、和歌山県で育った果実そのままの味と香りをお届けすること。伊藤農園の柑橘加工品は化学添加物を一切使用せずに”しぼっただけ””しぼったまま”だから、美味しさはみかんそのまま。毎日安心して召し上がっていただける、まっすぐなジュースやゼリーを製造しています。

この生産者の商品一覧