上小田代

岩手県 奥州市

上小田代

岩手県奥州市の農業法人です。古くからお米農家として営んでおりましたが平成13年、営農組合を組織してから平成22年法人化。平成27年、現代農業に掲載いただき本年、令和2年度 農業農村地区整備優良地区コンクールにて全国で2つの団体が受賞した大臣賞の1つに当農業法人が選ばれました。
長年少しづつの積み重ねで山間部の小さな農村地帯ですが力を合わせてコンクールで賞をいただく事が出来ました。
全国でも古くからあるブランド米の産地であり、お米主体の農業地帯でしたがお米価格の下落もあり、現在では野菜の生産に力を入れその野菜を使用した加工品の製造販売にも取り組んでいます。
上小田代は(かみこだしろ)と読みます。古くからある当地区の名前から取りました。

わたしたちのこだわり

岩手県の東に連なる北上山地の山間に有る清流から取り込んだ水で育てます。

岩手県の東に連なる北上山地の山間に有る清流から取り込んだ水で育てます。

集落の奥地にある水源。ここから各水田、畑に水を引き込んで農作物を育てます。落ち葉や砂で水路がふさがる事もありますが交代で掃除を繰り返しシーズンの水を確保します。

収穫量にこだわらない

収穫量にこだわらない

収穫量を増やすのではなく、おいしい物を作る事にこだわる。農薬や化学肥料を削減した物作りにも積極的に取り組みます。お米は特別栽培を10年以上続け美味しさを追求し有機肥料使用と農薬削減を徹底して栽培しています。
写真の稲穂は弊社の育てる稲穂。平野部の稲穂より籾の量は少ないのです。

早朝から開始する収穫作業。みずみずしい野菜をお届けします。

早朝から開始する収穫作業。みずみずしい野菜をお届けします。

とれたての美味しいみずみずしさを味わっていただきたい。畑でとれた物をそのまま直送します。
安心安全な作物をお届けするために土に必要な有機肥料を見極めて使用し栽培しております。

農園でとれた野菜を自社所有の加工施設で加工。

農園でとれた野菜を自社所有の加工施設で加工。

農園でこだわり作った野菜をつかい、ひと手間加えて加工品を製造しています。安全な食品をお届けするため製造工程に気を配り時間をかけて作り上げます。

この生産者の商品一覧