じゃばら村

和歌山県 東牟婁郡北山村

じゃばら村

「北山村のじゃばらで日本を元気に」これが私たちに与えられた使命だと思っています。こんな小さな村でも発信できる事がある!小さな村でもできる事がある!世界的にも非常に珍しい北山村のじゃばらを皆様にお届けする為にみんなで頑張っています。
高品質・安心安全・小さなお子様からお年寄りまでご家族みんなで
楽しめる「北山村のじゃばら」の到着を楽しみに待っててください!

わたしたちのこだわり

北山村のじゃばらで日本を元気に

北山村のじゃばらで日本を元気に

「北山村のじゃばらで日本を元気に」これが私たちに与えられた使命だと思っています。こんな小さな村でも発信できる事がある!小さな村でもできる事がある!世界的にも非常に珍しい北山村のじゃばらを皆様にお届けする為にみんなで頑張っています。
高品質・安心安全・小さなお子様からお年寄りまでご家族みんなで
楽しめる「北山村のじゃばら」の到着を楽しみに待っててください!

たった1本の原木からスタート

たった1本の原木からスタート

和歌山県の小さな山村「北山村」に、柚子でもない、スダチでもない、とんでもない、へんなみかんが1本だけありました。
その名は「じゃばら」。
鬼も逃げ出す酸っぱさからか、はたまた松のような不思議な香りがするからか、それは定かではありませんが「邪気を払う」、そんな意味でこう呼ばれていました。
たった1本の木から、過疎化の救世主として大事に、大事に育てられ、今ではその数なんと7,000本!
じゃばらは、さまざまな加工品となり、山奥の村から皆様のもとへお届けさせていただいています。

北山村にだけ自生していた幻の果実

北山村にだけ自生していた幻の果実

『じゃばら』は昔から北山村に自生していた自然雑種で、ここでしか
栽培されていないため「幻の果実」とも呼ばれています。
ゆずやレモンのような「香酸柑橘」で、独特の風味がある大変珍しい
柑橘です。
果汁が豊富で種もほとんどなく、糖度も意外と高いので、とってもまろやかな味わい。
鍋物や焼き魚などお料理へのアクセントの他、アロマテラピーとして
香りを楽しむなど、その守備範囲の広さで村の発展に大いに貢献している「奇跡の果実」です。

じゃばらの歴史

じゃばらの歴史

昔から和歌山県の小さな山村「北山村」には、ゆずでもない、スダチでもない、へんなみかんが自生していました。それは、鬼も逃げ出す酸っぱさからか、邪気を払う『じゃばら』と呼ばれており、北山村では昔から天然食酢として珍重され、正月料理に欠かせない縁起物として食されていました。
ある村人が、たった1本だけになってしまった「じゃばら」を
村の特産にできないかと働きかけ、本格的に栽培が始まりました。
後にじゃばらは、この地方に江戸時代から分布していたゆずと九年母、紀州みかんなどの自然交配種で、世界にもここにしか自生していない珍しい「香酸柑橘」だとわかったのです。
現在ではインターネット通販への進出や、マスコミなどでも
頻繁に取り上げられ、北山村を支える基幹産業までに成長した

この生産者の商品一覧