石狩ひつじ牧場

北海道 石狩市

石狩ひつじ牧場

農業未経験で54歳の時、チーズの輸入業で人生を終わらせないと決め、22年の経験から最も美味しいと思う「羊乳製チーズを作る」目標を立てる。でも、肝心の乳用種の羊は日本には居ないことが分かり、32歳から学んだ英語で、豪州やNZのブリーダーに会いに行き、30頭の羊を個人輸入しました。(これが超タイヘンで、成田空港動物検疫所内に3週間の外出禁止)津軽海峡を渡り、羊を北海道へ。繁殖を繰り返し、今では400頭近くになったのは良かったのですが、コロナ渦で飲食店さんへの羊肉の販売がほぼ止まり、毎日の餌代と人件費が掛かり、畜舎から羊がまもなく溢れそうで、先の見えない状況が続いて困っています。
チーズの製造は、順調で、目標のフランス産ロックフォールタイプの「青かびチーズの完成」も間近です。しかし、その前にあえなく廃業?っと、なりそうな雰囲気満々になっています。この2か月で、何としても60頭のオスを羊肉として出荷できたら、畜舎内も、働く5人の社員の心にもゆとりが見い出せます。肉なら冷凍して電気代だけで済みますが、生き物のひつじさんは、売れるまでずっとお世話しなくてはなりません。 皆様の支えがとてもありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。 石狩ひつじ牧場 山本 知史 2021年4月2日