自然栽培米の米屋 六花

新潟県 三条市

自然栽培米の米屋 六花

新潟県の中央部、粟ケ岳、守門岳を源流とする清流、五十嵐川、守門川からの雪解け水で自然栽培米の生産をしています。
まったくの素人から始まった自然栽培は13年程の月日が過ぎました。今では日々、自然栽培の奥深さを感じながらの暮らしを送っています。

わたしたちのこだわり

新潟産コシヒカリでは希少な従来品種のコシヒカリを栽培

新潟産コシヒカリでは希少な従来品種のコシヒカリを栽培

 コシヒカリの品種は従来品種のコシヒカリを使用しています。 
新潟県では現在、「JA全農にいがた」からの苗の供給はコシヒカリBLという品種に統一されています。
 
ですが、私たち農家が食べ比べてみると多くの人が「昔の、マンマ(ごはん)の方が うんめぇかった(美味しい)」という声が多くきかれます。

この為、美味しさを求める一部の米農家は、この「従来品種のコシヒカリ」を栽培しています。

田圃は勿論、除草剤を使用していませんが、その脇にある畦にも一切の除草剤も散布していません

田圃は勿論、除草剤を使用していませんが、その脇にある畦にも一切の除草剤も散布していません

 田圃の中に、除草剤を使用しないのは勿論ですが、その脇の畦に生える草の管理がとても大変な作業になってきます。

多くの田圃では、畔に除草剤を使用して草の生育を押さえ込んでいますが、自然栽培の田圃では、微生物や虫、植物などと共存する事を目的とする為、一切の除草剤も使用していません。

その為、こんなにも美しい自然が田圃のすぐ脇の畦に広がっています。

この花の周辺にはミツバチなどが飛んできて、カエルの歌も聞こえてきます。
土の中にはミミズや小さな虫たちが棲んでいて、様々な動植物の棲み処になっています。

この、かけがえのない豊かな自然を守りたいと、私たち自然栽培農家は願っています。

自然栽培を通じて、持続可能な農林漁業への転換を。自然栽培米の米屋 六花ではmoreTreesの活動に賛同しています。

自然栽培を通じて、持続可能な農林漁業への転換を。自然栽培米の米屋 六花ではmoreTreesの活動に賛同しています。

私が自然栽培に取り組み始めたきっかけの一つに、自分達の住む村での森林環境の悪化がありました。

私の実家の裏手には、自家所有の山林があります。
タケノコや山菜、山野草の咲く豊かな山林です。
小さい頃は春になると、草刈り用の鎌や藁で編まれた縄、そして小枝を払う為の鉈などを持って祖父と山へ出かけて、冬の雪で倒れた杉などを起こす作業をした事を良く覚えています。

そんな山々が今、日本のあちらこちらで危機的な状況に瀕しています。
私の周りでも例外ではありません。

この状況を何とか改善できないものかと考え、始めたのが自己所有の土地での農薬、化学肥料の不使用でした。

これは小さな一歩ですが、日本国内で自然栽培や有機栽培に取り組む農家がもっと増えて欲しいと願っています。

豊かな恵みをもたらしてくれる雨が地上に降り、その雨水を山々が蓄え、そこから流れ出る一滴が大河となって大きな海にそそがれていきます。

この当たり前に見える大自然の営みを、私たち人類が汚してはならないと強く思っております。

これからの農林水産業、そして様々な経済活動では、地球規模での自然界の営みを忘れることなく、その環境を守る義務と責任を果たさなければならないと感じております。

もちろん、ひとりの力では、到底、解決出来ない問題であります。
この問題には、皆さま消費者の方々の購入というお力添えをお借りして、真摯に取組んでいきたいと考えております。

そこで森林の保全活動に力を注いでいる地球守の活動に賛同して、売上金の一部を毎年寄付させていただいております。

皆様のご協力に感謝いたします。









この生産者の商品一覧