たけまさぶどう園

岡山県 倉敷市真備町

たけまさぶどう園

岡山県倉敷市真備町にある当園は、約2700㎡のビニールハウスと1300㎡の簡易ビニールで、ニューピオーネという品種を中心に、シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツ等品種のぶどう栽培を行っています。、両親が元々水田であった地を畑に変え、その地にビニールハウスを建てて約30年。真面目にぶどう栽培に取り組み続けてきました。
 平成28年の4月に、それまで取り組んでいた事業をやめた私がぶどう栽培を引き継ぎ、その年の西日本豪雨の被害をもろに受けたこともあり、ぶどうの加工品の製造販売やぶどうの青果のネットショップの販売などにも取り組み始めて現在に至っています。