お茶の平岡園

埼玉県 所沢市

お茶の平岡園

代々受け継いだ埼玉県所沢市にある肥沃な大地で、お茶を育てています。

落ち葉堆肥を活用した持続可能な循環型農法で大切に育てた狭山茶は、静岡、宇治と並ぶ三大銘茶「味の狭山茶」とも言われます。

茶産地としては最も寒い場所にあるためお茶の葉は肉厚で蓄積される栄養素が多くなります。
そして枝をなるべく切らないように仕立てて、芽数が少なくなることで1枚のお茶の葉にたくさんの養分が蓄えられます。そうすることにより私たちのお茶は、コクのある味わい深いお茶になります。