みやじ豚

神奈川県 藤沢市

みやじ豚

みやじ豚の宮治勇輔(みやじゆうすけ)です、こんにちは!
僕たちは神奈川県藤沢市の小さな養豚農家です。

突然ですが、 豚肉は好きですか?

スーパーやお肉屋さん、ネット通販でも色んな名前の豚肉が販売されていますよね。
現在、銘柄豚の数は約400と言われています。

そんな数ある銘柄豚の中から、「みやじ豚」を見つけてくれてありがとうございます。

僕たちは「生産者の名前を冠した銘柄豚」を生産、販売しています。
実は、「生産者の名前」がついた豚肉はかなり珍しいんです。

ぜひ、一度食べてみて下さい!

わたしたちのこだわり

「生産者の名前」がついた銘柄豚は珍しい

「生産者の名前」がついた銘柄豚は珍しい

養豚農家のこせがれとして生まれた僕ですが、親父が育てた豚の肉を初めて食べたのは、大学生の時に友人を招いてバーベキューをした時でした。
野菜だったらその場ですぐに食べられますが、豚はその場で…とはいきませんからね(笑)

販売されている多くの豚肉は、生産者がそれぞれの農場で育てた豚を出荷し、と畜場で捌かれ、お肉屋さんに並んだときには生産者が誰かなんてわかりません。

うちの豚も、いまでこそ「みやじ豚」として販売していますが、15年前までは精肉工場で他農場の豚肉と一緒になって、スーパーやお肉屋さんの店頭に並んでいました。

養豚家の仕事は、豚を育てて、出荷するところまで。
自分のところで生産している銘柄豚がどこで売られているかはわかるけど、自分の農場の肉かそうでないかは判別がつかない。

学生時代のバーベキューで友人に「この豚美味しいね、また食べたい!どこで買える?」と聞かれた時に、僕も親父も答えられませんでした。

「それっておかしくないか?」

その問題を解決しようと挑戦したのが「みやじ豚」の始まりでした。

世にも珍しい「シングルオリジンポーク」

世にも珍しい「シングルオリジンポーク」

ここ食べチョクでも、色んな生産者のこだわりが詰まった農産物が販売されていますよね。

農産物の味には生産者のこだわりが必ず反映されます。
例え同じ品種、同じエサで豚を育てても、生産者が違えば豚肉の味は変わるんです。
「同じお肉を買ったのに、前に食べた時は美味しかったけど、今回はなんだか普通だったな」という場合は、豚の個体差ではなく生産者の違いだったりします。

豚肉に「生産者の名前」がつけられるのは、他の生産者の肉と混ざってないということ。つまり、生産者のこだわりがストレートに味わえて「美味しい」と自信を持って言える豚肉だということなんです!

養豚は農業の中でも最も規模拡大に適した農産物といっていいと思います。神奈川には養豚ができる土地が少ないので、普通は他県に引っ越して生産拡大となりますが、みやじ豚は生誕の地で「単一農場単一生産者」による生産を守っています。

最近、コーヒーの分野で「シングルオリジン」という言葉が注目されていますが、「シングルオリジンポーク」もぜひご賞味下さい!

「みやじ豚」が美味しい理由

「みやじ豚」が美味しい理由

みやじ豚を召し上がった方から実際にいただいた声の一部をご紹介します。
「81歳になるおじぃも柔らかくて美味しいってマジ喜んでた♪」
「めっきり口数の少なくなった父が「うまいな、この肉」と一言。嬉しい瞬間でした」
「噛めば噛むほど美味しい」
「豚の脂身がこんなに甘く感じたことはありません」

他にも沢山の方々からいただいた声から、
みやじ豚の特徴を挙げるとこんな感じになります。

・肉の旨味が強い
・柔らかい
・ジューシー
・脂が甘く軽い
・もたれない
・臭くない

それもそのはず、みやじ豚の育て方はここが違います!

宮治昌義(父)の50年の養豚経験から、美味しい豚肉をつくるには、「血統」や「えさ」の要素に加え、「ストレスを与えないこと」が重要だと確信。

より良い肉質を求め3つの品種を掛け合わした豚(通称:三元豚)に、麦類・いも類・米を特別配合したエサを与える。気心知れた豚同士を一緒にのびのび育てるのが決め手。甘くクリーミーでうま味に富んだみやじ豚として皆様にお届け出来るのです。

豚は多かれ少なかれとうもろこしを飼料にしますが、みやじ豚はとうもろこしを与えずに育てるのが一番の違い!

だから、脂が真っ白で綺麗なだけでなく、良い意味で豚肉らしくない上品な味になります。
それから、和のものに合います。お酒なら焼酎はもちろん、日本酒や国産のワインとの相性も楽しんで頂きたいです。

「みやじ豚」を食べチョクで販売する理由

「みやじ豚」を食べチョクで販売する理由

「みやじ豚」という名前をつけて販売するようになって、はや15年。
お陰様で現在は、ミシュラン三ツ星店をはじめ数多くの飲食店様にご注文いただいています。零細農家の生きる道!流通を変えた独自のブランディングとしてカンブリア宮殿やがっちりマンデーをはじめ、様々なメディアで取り上げていただきました。

個人のお客様向けには、店頭販売は百貨店「松屋銀座」のみで、その他、毎月開催している「みやじ豚BBQ」で食べていただく機会しかありません。

よく、「どこで買えますか?」「どこで食べられますか?」とお問合わせいただきます。
基本的にはお肉屋さんやスーパーとの取引はお断りしてきました。
みやじ豚の良さが伝わらないのであれば取引する意味はないと考えていました。

食べチョクで農産物を購入している方は、農業に関心があったり、生産者の顔の見える農産物を食べたいと思っていたり、食べるのが好きだったりするんじゃないかなと思います。
そういった方に、ぜひみやじ豚を食べて頂きたいと思っています。

自信を持って「美味しいですよ!」とオススメできます。

あ、ひとつ注意点。豚肉は良く火を通さないといけないと思っている方が多いですが、みやじ豚は火を入れすぎると「みやじ豚らしさ」がでません。いつもより火加減に気をつけて焼いてみて下さい。

どうぞ、よろしくお願いします!

この生産者の商品一覧