木下農園

兵庫県 三木市

木下農園

食べチョク登録:2020年 10月

木下農園は12代続いている農家です。

木下農園の田んぼは、丹生山の山の麓にあり、粘土質な土と、寒暖の差、良質な水などから、古くからお米つくりが行われてきました。

昔ながらの農法を大切に、農薬不使用・除草剤不使用でお米の生産に取り組んでいます。
ご先祖様からの土を守り、次の世代に安全な環境と食を届けるため、日々切磋琢磨しています。

わたしたちのこだわり

自然豊かな兵庫県にある丹生山の麓で作っています。

自然豊かな兵庫県にある丹生山の麓で作っています。

木下農園では農薬、除草剤不使用でお米作りをしています。

草管理に除草剤は使わず、中耕除草機や手作業で抑草をしています。
田んぼ内で肥料となるのはお米収穫後に出る稲の体(藁)、秋から春にかけて出てくる蓮華などの草花のみです。
農薬を撒かない田んぼには鳥や虫、植物など、たくさんの生物が集まります。生物たちが田んぼで心地よく生活をしてゆく環境を整えれば整えるほど、土がどんどん肥えてゆくのです。
まさに、自然と繋がりながら稲作りをしています。

2020年の夏には田んぼに蛍が出てくるようになりました^^

貴重な品種、農林22号を作っています。

貴重な品種、農林22号を作っています。

【農林22号】
農林22号は幻の寿司米といわれた品種で、コシヒカリの親にあたります。普通にお店で買うことはできません。

収穫量が普通の米と比べて少なく、背も高いので栽培が難しいとされています。コシヒカリよりあっさりすっきりとした味わいでとても美味しいです。
 背がとても高くシュッと空に伸びていく姿には勢いがあり育て甲斐があります^^(穂が垂れる前には170センチ以上になります)

 こちらは乾燥機で乾燥させてはいますが、お米の香りを大事にするために高温で一気に乾かすことはせず、低温で時間をかけてじっくり行います。
種籾は毎年、自家採取をし品質を保持しています。

自慢のお米です。ぜひお試しください^^

鮮度を最大限保つためできること全て

鮮度を最大限保つためできること全て

お米の鮮度を保つためにとりくんでいることがいくつかあります。
・全てのお米はレーベントパックという特殊な鮮度を保つための袋に入れ、お米専用の保冷庫にいれて365日15度以下で保存しています。
・籾摺りを年に2回に分けて行っています。お米は籾保存をすると例え1年たったとしても鮮度をほとんど落とすことなく置いておくことができるんです。
・精米は発送日当日の朝に行なっています。

この生産者の商品一覧

現在出品されている商品はありません。