ハウレット農園

北海道 北斗市

ハウレット農園

ベリー栽培一筋!日本生まれ日本育ちのカナダ人です。

日本における環境問題研究の第一人者で英語教師のピーター・ハウレットが1990年に開園したハウレット農園。

「自然の力だけで栽培できる安心・安全な果物を日本の消費者の皆様にお届けしたい」という思いのもと、北海道北斗市の農地を取得し、ブルーベリーの本場カナダから苗を輸入して定植しました。

息子である私(現園主)が農園を引き継いだのは2012年。ブルーベリーのほかにカシスとハスカップの栽培も始め、農薬・除草剤を一切使用せずに木々を育ててきました。

現在は、パートナーのRomioRi(函館市内にあるエシカルブランド)と共に農園を運営。

市場にほとんど出回らなくなった昔ながらの品種を守り、今でも大切に育てています。