お茶の千代乃園

福岡県 八女市

お茶の千代乃園

雪ふる山から健康なお茶を全国へ。

福岡県八女市矢部村、標高400m~600mの山の中でお茶作りを営む「千代乃園」です。千代乃園の茶畑が点在する山々は夏でも涼しく、冬には雪に覆われます。平地より気温が低く新茶が芽吹く時期は遅くなり、これが「雪ふる山のおそぶき茶」の名前の由来です。

わたしたちのこだわり

ここは雪ふる山の中

ここは雪ふる山の中

ここは福岡県八女市矢部村、標高600mの山の中。
祖父・千代吉と共に園主が名付けた「千代乃園」は、家族でお茶作りを営む茶農家です。

山は夏でも涼しく、冬には雪に覆われます。
平地より新茶が芽吹く時期は遅くなりますが、害虫が少ない特徴を活かし、2015年より有機栽培への取り組みを行っています。

これが「雪ふる山のおそぶき茶」の名前の由来です。

おいしいお茶は元気な木から

おいしいお茶は元気な木から

自然に近い環境のもとに栽培され、口に含んだ時にスーッと体に浸みわたるようなお茶をお届けしたいと当園は考えています。

有機認定機関が認める植物性の発酵有機肥料を使用し、時々のお天気と相談しながら栽培方法を組み立てます。
雪ふる山の澄んだ空気、鳥のさえずりを背景に育った茶葉から、山の恵みが詰まったプレミアムティーが生まれます。

山から海へ、旅するお茶

山から海へ、旅するお茶

私たちは日本より残留農薬の基準が厳しいEU(ヨーロッパ)へ輸出するお茶を2005年より生産しています。
また、自然なお茶をお届けするために、2015年から農薬及び化学肥料の散布を行わない有機栽培の認定を受けました。

雪ふる山で育った千代乃園のおそぶき茶は、山をくだり広い海を越えて、さまざまな方の食卓に旅立っていきます。

これからのお茶のある暮らし

これからのお茶のある暮らし

例えば旨味とカフェインの多い玉露をエスプレッソの代わりに飲んでみたり、飲み終わったお茶の葉をご飯に混ぜ込んでみたり。

私たちはお茶を生活の中でもっと楽しんでいただくために、ご自分に合ったお茶の淹れ方、選び方を学ぶワークショップや、雪ふる山の茶園見学などを企画しています。

この生産者の商品一覧