【3kg】本当においしいお米食べた事ありますか?(熊本県産ヒノヒカリ)
【3kg】本当においしいお米食べた事ありますか?(熊本県産ヒノヒカリ)
【3kg】本当においしいお米食べた事ありますか?(熊本県産ヒノヒカリ)
【3kg】本当においしいお米食べた事ありますか?(熊本県産ヒノヒカリ)

【3kg】本当においしいお米食べた事ありますか?(熊本県産ヒノヒカリ)

<味>
「旨味」「香り」「噛みごたえ」のある1粒1粒の結晶に仕上がりました。この1粒1粒が、お客様1人1人の笑顔になるよう、真心を込めてお届け致します。

<栽培のこだわり>

お米には様々な品種があります。
同じ品種でも育て方によって「旨味」「香り」「噛みごたえ」は変わります。
お米にとって、栄養分がたっぷり含まれた土、稲にストレスの無い環境、そして稲1本1本への愛情を込めた育て方が命です。
稲が欲しがる微量元素であるけい酸や鉄やこう素に有機肥料を混ぜて徹底した土作り、農薬を必要最小限に抑え、稲が大地を感じながら伸び伸びと育つ環境作り、田んぼ全体ではなく、稲1本1本に目を配る丁寧さ、これをなん世代にもわたって作って来たからこそ、自信を持って「おいしいお米」と言えるのです。

<産地の特徴>
植木町(うえきまち)は、熊本県の北部、鹿本郡にあった町です。
町内に西南戦争の最大の激戦地・田原坂(たばるざか)があり、また日本一のスイカの産地としても知られている町です。
2010年(平成22年)3月23日、熊本市に編入され、同時に熊本市の合併特例区となり、全域熊本市北区となっています。
江戸時代初期、豊前街道の宿場町として味取町(現在の植木インターの南側一帯)が栄えましたが、その後元禄時代になると三池街道や合志・大津方面との分岐点として味取の南に新しい宿場町である味取新町が開かれ、これが現在の植木町中心部の基礎となっています。明治初年には植木学校も開かれ、熊本県の自由民権運動の舞台ともなる一方で、町西方の田原坂は西南戦争最大の激戦地となりました。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る