The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg
The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg
The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg
The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg
The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg

The citrus【BITTER ORANGE】ビターオレンジ 約2kg

あまり知られていないが、熱海が日本一の生産量を誇る特産品の一つ。

まずは、その特異なる特徴を上げようと思う。
これがなかなかに面白い。

🍊【縁起物①】
春に白い花が咲き、冬の気温低下と共に緑→黄色→オレンジ→橙色へと色が移り行き、春になり気温が上がってくるとまた青く色が逆行する(回青現象)

そしてそのままにしておいても落果する事は無く、翌年、翌々年と実を付けたまま次の代、また次の代とどんどん実を付ける。

この特異な特徴から日本では、名前が「代々」に通じることから縁起の良い果物とされ、鏡餅(上のあれはみかんじゃないんだよっ!笑)などの正月の飾りにも用いられる縁起物でもある。

その代々たる実の付き方から、堂々たる『子孫繁栄』を連想したのだろう。
昔の人々はとてもいい感性をしている。

🍊【縁起物②】
その『落ちない』強さ、そして毎年堂々とこれでもかという量と質の『実を結ぶ』姿からであろう、人生における大事な分岐点、例えば受験期の願掛けとしての役割も果たす。(伊予柑の「良い予感」も素晴らしい)

🍊【日本の伝統色の一つ】
そう、みんなお馴染みのあの『だいだい色』だ。オレンジ色とも違う、どこか日本的とでも言おうか、落ち着いたマット感のある朱色に近いニュアンスの色だ。

🍊【比類無きジャム、マーマレードの原料】
とある一流シェフ曰く、このビターオレンジ(橙)こそが一番おいしいジャムが作れるとの事。世界中の多種多様な柑橘で制作をして来たが『どうしてもこれでないと出せない深い味わいがある』と彼に言わしめた果実だ。他では代用が出来なかったとのこと。(恐らく皮に含まれる独自の香り成分と、その“ビターさ”が絶妙なアクセントとなり、複雑な味わいを生んでいるのではないかと予想)

ちなみに個人的な見解では、皮の油胞から弾ける香りの中に、極微量の茶豆を連想するあの旨味に直結する様な豊かな香りが感じられる。

🍊【TPOにより旬が異なる】
今では殆ど見かけなくなったが、こちら熱海多賀の伝統料理『箱寿司』

その酢飯には青橙の酢を使うと、香りが良く、飯だけでも上手いという。お飾りに使った後のは香りが抜けてしまい、青採りに比べて風味は劣るという。

だから青いうちか、少し色付いてきたあたりが一番酢飯には美味しいらしい。(熱海の某重鎮の奥様談)

なまこを食べる時はその青橙の丸絞り以外では食べられなくなるほどの強烈なインパクトな様子(私はなまこは食べないので未体験)

となると、グリーンレモンなどでも正にそうだが、香りの“どピーク”は青いうち。彩りから熟が進んでからのまた違った橙の味わいを使って表現したいなら赤い熟橙で、など提案と提供は変わってくる面白さ。

🍊【漢方薬の原料】
皮を乾燥させたものを橙皮(とうひ)といい、去痰薬・健胃薬として用いられたり、香り付けに用いられる。また、未熟果実を乾燥させたものを枳実(きじつ)といい、芳香性苦味健胃、去痰、排膿、緩下薬として用いられる。

🍊【花は超高価な精油“ネロリ”の原料】
アロマテラピー にも用いられる、春に咲く白い花を水蒸気蒸留して得た精油はネロリという。花から採取する精油は大変高価である。
小さな花一つ一つを手摘みして手間しかかからないからだ笑

※重要
🍊【ベルガモットの親!?】
紅茶のアールグレイはベルガモットで着香した紅茶である事は既知の通り。このベルガモットは遺伝子解析の結果、どうやら“レモン×橙”の混種であるという事がわかっている。収穫中にもガツンと香るベルガモットを彷彿とさせるその香りを是非体感して欲しい。

、、、

ここまで羅列してみて(実はまだ面白いのはあるのだが)おいおいおい、カード揃い過ぎかよと笑

ポーカーで言うロイヤルストレートフラッシュかよと笑

そんな知られざる魅力と実力を確かに兼ね備えたビターオレンジ(ダイダイ/橙)

満を侍して今年も、いざ出陣。

基本的に赤い熟個体からオレンジ、イエロー、グリーンの色味と香りのグラデーションバリエーション豊かな面々でその時そのタイミングで採れたパターンでお届け。
もし、赤のみ!緑のみ!などのご要望がございましたら、必ずご購入前に一度ご相談下さい。
全体のバランスを見てお応えが可能なタイミングの場合、ご要望にお応え出来るかもしれません。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る