内山金柑園

宮崎県 都城市

内山金柑園

食べチョク登録:2022年 02月

2009年、宮崎県都城市にて葉タバコの畑を転用し、金柑栽培を始めました。2012年より販売をはじめ10年目を迎えます。「月の満ち欠け」による自然のリズムを使用して低農薬で栽培する方法などを採り入れ、徐々に安定した品質の完熟きんかんを出荷できるようになりました。私たちが作った「樹上の宝石・完熟きんかん」をぜひご賞味ください。

わたしたちのこだわり

日本一の産地より、濃厚な甘さの完熟きんかん

日本一の産地より、濃厚な甘さの完熟きんかん

宮崎県はきんかんの生産量が全国の60%以上と日本一の産地です。
きんかんは、毎年6月下旬に花が咲き、花がついた部分が実となります。完熟きんかんは、開花から210日以上を樹上で育てたもので、糖度16度以上、サイズがL(直径2.8センチ)以上のものをいいます。木の上で長期間熟成させることで、きんかん特有の刺激成分が消え、甘味のもとがたくさん作られ、ふつうの金柑にない大きさ・甘味をもった一品となります。
当園では宮崎県のブランド「たまたま」「たまたまエクセレント」の出荷基準と同等の完熟きんかんを販売しています。

自然のリズムに則って栽培

自然のリズムに則って栽培

完熟きんかんは皮ごと食べるものなので、農薬はできるだけ使わずに作りたいと考えています。当園では、防除・施肥管理の判断基準として「月の満ち欠け」を利用しています。月の満ち欠けと、それに合わせて変化する海の潮の満ち引きは、おおよそ一ヶ月周期で刻まれています。満月の大潮も新月の大潮も、防除に適した時期は大潮の最後の日から3日間といわれています。この3日間は虫が卵から孵ったばかりの時期、農薬が最も効きやすい時期に当たるため、このタイミングで防除を施します。こうすることで無駄な農薬を使わずにすみます。液肥を葉に散布する場合も同様で大潮のタイミングで散布します。

甘くて、華やかな香りをお楽しみください

甘くて、華やかな香りをお楽しみください

完熟きんかんは、ヘタの部分だけ除き、皮のまま丸ごと召し上がっていただくのが、基本の食べ方です。酸味が強いきんかんしか召し上がったことがないお客様は、ちょっとした感動を覚えるかもしれません。きんかんとは思えないほど甘く、丸かじりにすると華やかな香りが口いっぱいに広がります。皮の苦みと果肉の甘さのバランスがまた絶妙で、後味がすっきりとしています。何個でも食べられる美味しさです。
スライスしてサラダで食べるのもおすすめです。ひと手間かけて、ジャムや甘露煮にしたり、種を除いてミキサーにかけ、シャーベットにしても美味です。

きんかんの栄養素と効用

きんかんの栄養素と効用

〇風邪の予防に…柑橘類の皮にはたくさんのビタミンCが含まれています。きんかんは皮ごと食べるので、ビタミンCをたくさん摂ることができます。

〇生活習慣病の予防に…動脈硬化や心筋梗塞など生活習慣病の予防に役立つビタミンEもたくさん含まれています。

〇のど・咳止めの薬用として…毛細血管を強くし、ビタミンC の吸収をよくするヘスペリジン(ポリフェノールの一種)を含んでおり、古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられています。

〇カルシウムもたっぷり!…果物の中では、カルシウムを多く含んでいます(100gあたり80mg)。体内の血液循環を良くし、ストレスを和らげる効果も期待できます。

この生産者の商品一覧