【お菓子が作れる】モッチモチ!子育て家庭にも嬉しい希少じゃがいも「紅あかり2021」(1.6kg)【簡単レシピシート付き特典】

【お菓子が作れる】モッチモチ!子育て家庭にも嬉しい希少じゃがいも「紅あかり2021」(1.6kg)【簡単レシピシート付き特典】

※運営からのお知らせ※ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、元々卸していた飲食店の営業見通しが立たないということで卸せず、売上が減少してしまっているとのことです。
モッチモチの希少新じゃがいも「紅あかり」を1.6kgお届けいたします。

皮は赤く中は真っ白な紅あかり。男爵芋と比較をすると、デンプン量は2倍と多く含んでいます。

【擦りおろし】
①皮を剥き一口サイズにカット。フードプロセッサーが有りますと時短が出来ます。粉類(片栗粉、薄力粉、中力、強力粉が無くても)生のまますりおろしてフライパンで焼くだけでもモチモチのお好み焼きが作れます。桜エビや魚介類、豚肉など、お好み焼きや豚平焼き、たこ焼きの要領で食材を加えるとバリエーションが広がります。
【もちもちニョッキ】
②ニョッキは予め皮を剥き、蒸し焼きします。加熱時間は男爵芋より少し長く、ニシユタカより早いです。ジップロックに土や皮を剥いた芋を入れレンチン13〜15分で柔らかくなります。加熱後は予熱を取り除き、マッシュポテトの要領で、穴があるザルで越しますと和菓子の様になります。ボールに塩、パルメザンチーズを加えてお好きな大きさにし、混ぜ合わせ、木の板もしくは、まな板に棒状もしくは、お好きな大きさや長さにされ、ラップをします。あら熱が取れた後に湯煎をしますと、パスタのようにもちもちとした食感になります。ザルですくい、ゴルゴンゾーラやジェノベーゼ、アンチョビ、トマトソースをお好みで絡めるとニョッキなります。中力粉でドーナツやマフィンなどいろいろな具材でお子様ともお楽しみ頂けます。水分も少ないのでマッシュやコロッケにもオススメ。離乳食には野菜スープなどの中にすりおろして熱するととろみが付き食べやすくなります。

品種のご紹介や元料理人園主による簡単レシピシート付きです。

やまとくんのレシピブックコレクションカバーは全ての商品の2回目ご注文時以降に無料で商品と同封致します。是非コレクションしてみて下さい。
今年度当園のじゃがいもを初めてご購入いただく方には、当園のレシピコレクションカバーもお付けいたします。


①ひと味違う!

じゃがいもを育てている地区はかつては痩せ地でした。江戸初期から茶を作り始め、蚕を育てていたんです。そんな中野菜は根菜類を中心に生活の一部でじゃがいもを作っていました。この地区に居る方全てのお婆さん、お爺さんは『ここのじゃがいもはひと味違う』と常日頃からお話ししていました。2年前に農地を借りられることになり農園で採れる作物のほとんどは私達も初めて食べるもの。{ほんまかなぁ?}と疑問を抱きながら、実際作って見たところ、ひと味違うじゃがいもになりました。『ほんまやん!』 じゃがいもの特性が引き立ち、ホクホク、しっとりとした食感。中でも土の香りがするじゃがいもです。

②有機JAS基準の豊かな土壌づくり!

栽培期間中農薬・除草剤・化学肥料不使用、秋には有機JAS取得を予定しています。土づくりには畝間に植えたクローバーをすき込む緑肥や上質な牛糞もみがら完熟堆肥、漢方生薬由来の土壌改良剤を使用しています。また米ぬかからぼかし肥料を自家製造し肥料として使っています。根張りしやすい土作りや微生物・菌が活動しやすい環境をしっかり整えることで、豊かな土壌を保つよう心がけています。

③美味しさを追求!

私たちのじゃがいもは完熟後に収穫、さらに貯蔵熟成により本来の味と風味を引き出しています。新じゃがでホクホクとした紛失が美味しいのは実は特定の品種のみ。それぞれの品種にあった栽培方法や貯蔵熟成により、本当に美味しくお召し上がりいただける状態を追求しています。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る