【希少品】淡路島産吊り玉ねぎ!!

【希少品】淡路島産吊り玉ねぎ!!

〈吊り玉ねぎとは?〉
収穫時に茎をあえて長く残した玉ねぎを13玉前後を1束にし、風通しの良い「たまねぎ小屋」で1~2カ月乾燥させ追熟させるために考え出された淡路島の伝統的手法です。
これまでは吊り玉ねぎをそのまま出荷することはなかったものの、今回少しでも多くの人に淡路島の伝統的手法に触れていただける機会になればと考え、数量限定で出荷致します。
束になっているので、そのままご家庭のベランダ等や風通しの良い日陰に吊るしておくことができます。
保存も長期保存(11月頃まで)が可能ですので是非ともこの機会にいつもの玉ねぎとは違った、淡路島の野性味ある玉ねぎの雰囲気を感じて下さい。

<特別栽培のこだわり>
子どもが安心して食べられる野菜作りの為に、化学肥料・農薬を極限まで減らした自然に近い土壌を作っています。その全ては多くの人達の「美味しい!!」の笑顔が見たいから。

<産地の特徴>
通常の玉ねぎは糖度5%に対して、淡路島産玉ねぎは、糖度10%前後。
特に糖度の高いものは15%にもなり、甘いイチゴすら超える甘さになります。
淡路島の中でも、最も土壌がよく甘い玉ねぎを作れるのが南あわじ市という場所です。

<品種など>
中生(ターザン)の特徴
・通常4カ月程で収穫する玉ねぎを約7か月間かけてじっくり栽培。
・「たまねぎ小屋」などでの自然乾燥により熟成され糖度が増す。
・自然乾燥をしっかり行うことで、冷蔵で1~2カ月の長期保存が可能。
・新玉とは違い加熱することでより甘みが増す。
おすすめの食べ方
オニオンステーキ・オニオンスープ

〈数量〉
M〜2L混載 13玉前後 約5kg
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る