【食べ比べセット】枯草菌の赤たまご+酵母の平飼いのたまご

【食べ比べセット】枯草菌の赤たまご+酵母の平飼いのたまご

◆お休みのお知らせ
8/11~8/16はお休みいたします。

◆輸送中の卵の破損
ごく稀に配送過程で卵が割れることがございます😥
もし破損等がございましたら、最寄りのヤマト運輸さんの営業所に「破損があるので代品をお願いしたい」旨ご連絡ください。

破損した卵は捨てたり、食べたりせず、ヤマトのドライバーさんが回収に伺いますので、それまで一時的に保管しておいて下さいね。
ヤマト運輸さんから当養鶏場に連絡が入り、代品をお送りするという流れになります。

また、ちょこっとしたヒビなどの場合には、そちらから優先的にお召し上がり頂いたり、火を通すなどしてお召し上がり頂けば特に品質上では問題なくいただけます。ヒビ等気になる場合にも、上記のようにヤマトさんにその旨お伝えくださいね。


※運営からのお知らせ※

〜SDGsについて〜
取り扱っている『酵母・平飼いのたまご』は、次のような特徴があります。
平飼いに特化した飼育方法にこだわり、鶏舎は、EU基準の飼養スペース(9羽/㎡)よりも4倍広い飼養スペース(2羽/㎡)を鶏に与えて飼育されております。
また、鶏本来の行動がとれるように鶏舎内には丸太ないし梯子をかけて飛び乗ったり、また地面をつつくことができるような籾殻を敷料として敷いたりと、活動の自由を与えて育てられております。
鶏舎内には外からの太陽の日差しが差し込み、日光浴ができる環境を整備するなど鶏の健康状態に最も気を遣った育成方法が取られております。
食べ比べセットがリニューアルしました❣
当養鶏場の商品で、酵母を与えて育てた平飼いの鶏のたまごと、枯草菌を与えた鶏の卵が気になる方に、食べ比べセットを作りました。
酵母を与えて育てた平飼いのたまご(『益子うまれの元気たまご』)と、枯草菌を与えて育てた鶏のたまご(『益子うまれの赤たまご』)をそれぞれ20個ずつ合計40個をひとまとめにした食べ比べセットです。


※たまごかけ醤油はつきません。

【酵母を与えて育てて平飼いのたまご:元気たまご】
ファフィア酵母という自然由来の酵母で、ビタミンEの500〜1,000倍の活性酸素消去能(抗酸化作用)を有すると言われている“アスタキサンチン”を含む酵母を鶏の餌として与えて作りました。

私自身、薬のような添加物を鶏の餌に入れるのがすごく嫌で、娘にも与えられないようなものは作りたくないのですが、こちらは自然由来の酵母で、鶏にも良いそうです。

アスタキサンチンは、医療や食品などいろいろな領域で注目されている成分だそうです。緑藻類や甲殻類、魚類などに広範に分布している天然赤色色素で、分かりやすいところだと、蟹や海老の殻の赤い成分だそうです。

今回、この酵母の作った成分を鶏の餌として加えることで、より美味しい卵に仕上がりました。色味は今までの平飼い卵よりも黄身が赤に近く、オレンジ色と赤の中間くらい。優しい甘みを感じるようになりました。

何よりも鶏がより活発になった気がします⁈ いつも以上に自由に動き回り、好きな時間に餌を食べ、地面をつついたり、砂浴びをしたり、止まり木に飛び乗ったりと自然に近い状態の平飼いで育てています。

餌は鶏が最も大好きなトウモロコシ🌽、米🌾、大豆絞りかす、魚粉などを与えています。他にも(人も昆布や海藻を食べると身体に良いですよね!だからこそ鶏にも)海藻粉末を与えることでミネラルを補給、ホタテの殻を与えることでたまごの殻がしっかりし、鶏の健康状態を考えて育てています。

「おいしいたまごかけご飯が食べたい」とお買い求めのお客様も多いこだわりのたまごです。たまごかけご飯はもちろんのこと、たまごの味がはっきりわかるダシ巻きたまごやカルボナーラなどにも愛用されています。もともとたまごかけ用のたまごなので、たまご特有の生臭さがないので、スーパーで買ってきた卵と元気たまごを割って臭いを比べてみて下さい、きっと納得して頂けると思います。オレンジ色から少し赤みがある黄身の色で、食欲を刺激しますよ。

【枯草菌の赤たまご:益子うまれの赤たまご】
■たまごの特徴
・「濃厚で優しい甘みを感じられる」たまご。
・食欲をそそるオレンジ色の黄身。調理しても加熱による退色が少なく、より料理に映える色味
・オレンジ色はパプリカやマリーゴールドなど植物由来の素材だから安心して召し上がれます
・ぷりぷりに盛り上がった白身
・卵特有の生臭みがほとんどない
・集卵してすぐに出荷なので鮮度が良い
・数十種類の素材(トウモロコシ、大豆しぼりかす、米、魚粉、桑の葉、ヨモギなど)をブレンドした拘りの飼料
・枯草菌を与えることで、鶏を体内から健康に!
・脂質、カロリー、コレステロールが一般的なたまごよりも約15%低めの健康志向の人向け

■枯草菌(こそうきん)ってなーに?
枯草菌は、納豆菌などの仲間で毎日鶏が食べることで鶏の腸内の善玉菌が増加し、健康維持につながる良い菌。
鶏も普段の生活の中で、天気や気温の変化など色々な原因でストレスを感じます。ストレスが多くなると腸内の善玉菌が減少...。お腹を崩したり、食欲がなくなったり、けだるくなったり。
鶏たちが”枯草菌”の入った飼料を毎日食べることで鶏の腸内の善玉菌が増え、健康維持につながる。だから、おいしいたまごを生んでくれるんです。

■飼育の特徴
里山の澄んだ風が吹き込み、優しい日の光が差し込む開放型鶏舎で育てた鶏の朝採り卵です。意外かもしれませんが、益子には天文台があり、星がよく見えるほど空気が澄んでいるんです。
(ちなみに日本で流通している卵の8-9割はウインドウレス(無窓)鶏舎で飼育されたものです)

■味について
一般的にスーパーで販売されている卵と比べて、コクがあってしっかりした濃い目の味です。
コメントを頂いているお客様から「黄身に優しい甘さを感じました」と言われることも多いです。
一度お試し下さい、きっとご家族、お友達も喜んで頂けると思います^_^

■健康志向の方に納得してもらえるたまご
一般的なたまご(『日本食品標準成分表 』記載のたまご)よりも、「脂質」「カロリー」「コレステロール」が約15%低いたまごです。検査結果の画像をご参照ください、

■当日採れたものを出荷
たまごを取ったその日に配送しますので、(お届け先住所にもよりますが)概ね翌日にはお手元に届きます。
鮮度抜群なので白身はぷりぷりに盛り上がってますし、白身ってこんなに盛り上がっているんだ!と驚かれたこともあります。
なかなか白身が切れないほどコシのある卵なので卵に対する意識が変わります!

■飲食店などプロの利用多数
カフェ、寿司屋、パン屋、お菓子工房など、素材に拘るプロの利用が多く、味を含めた品質が好評です。
2018年『フード・アクション・ニッポンアワード』を受賞した道の駅ましこの『とろたまぷりん』もこちらの卵を使用してもらっています。
また同じく2019年同コンテストにて受賞100選に選ばれた『ピクルドエッグス』(たまごのピクルス)にもこちらの卵を使用してもらっています。

■オススメの食べ方
オレンジ色の黄身が特徴的なので、色味を楽しんで頂きたいので生卵として卵かけご飯、もちろん、調理しても鮮やかな色に仕上がります。
調理の場合には玉子焼きや目玉焼き、プリンなど卵の色と味が直接に感じられるものにお勧めです。
もっと見る