レアで人気のじゃがいも食べ比べセット!『グランドペチカ』と『シャドークイーン』2kgずつ【農薬不使用】

レアで人気のじゃがいも食べ比べセット!『グランドペチカ』と『シャドークイーン』2kgずつ【農薬不使用】

<概要>
長崎で栽培されていたレッドムーンという品種の突然変異として生まれた奇跡のじゃがいも『グランドペチカ』と、濃い紫色が特徴的で最近人気が高まっているじゃがいも『シャドークイーン』の食べ比べセットです!
※写真の2枚目がグランドペチカ、3枚目がシャドークイーンです。

・グランドペチカ
以前月曜から夜ふかしで紹介された話題のじゃがいもです。特徴はなんといってもその外見で、濃い紫色の皮に芽の周りだけ濃いピンクや赤色に染まっている姿はどこか迫力があり、別名『デストロイヤー』と呼ばれています。
一方、中身は他のじゃがいもに近い濃い黄色で、栗とじゃがいも中間のような甘みがあり、ホクホクしたおいしいじゃがいもです。しかも火が早くとおり、かつ煮崩れにくいという特性を持っており、煮込み系全般にむいている品種です。

・シャドークイーン
外側は黒に近い濃い紫色で、中身は鮮やかな紫色をしています。この紫色は、老化を防ぐ色素「アントシアニン」によるものです。他のじゃがいもの品種の約3倍も含まれているとされています。

<味・調理法>
・グランドペチカ
甘みが強いじゃがいもなので、電子レンジでチンしてバターと塩こしょうで食べるじゃがバターがおすすめです。また、煮崩れしにくいため、シチューやカレー、肉じゃがなどの煮込み系としても活躍します。皮つきのままホイル焼きなどにしてじゃがバターを作れば特徴ある皮を生かすことができるため、バーベキューで使うと一目浴びることができるでしょう。

・シャドークイーン
加熱しても鮮やかな紫なので、紫色のポテトサラダ、ポテトフライ、ポタージュなどを作ることができ、色鮮やかで食卓を彩ります。茹でた際の煮崩れは男爵などとあまり変わりませんが、男爵ほどホクホクした感じにはならず、さっぱりとした食感になります。

<栽培のこだわり>
両方じゃがいもとも農薬、化学肥料不使用で栽培しているので、子供にも安心して食べていただけます。

<数量、分量の目安>
グランドペチカ2kgとシャドークイーン2kgの計4kgをお送りします。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る