楽しい野菜の宝箱「やさいのこばこ」(Sサイズ)

楽しい野菜の宝箱「やさいのこばこ」(Sサイズ)

※運営からのお知らせ※ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、元々卸していた飲食店の営業見通しが立たないということで卸せず、売上が減少してしまっているとのことです。
四季折々の実りと料理の楽しさを。北陸の季節に合わせた旬の野菜がたっぷり詰まった「やさいの宝箱」題2弾!よりお求めになりやすい"やさいのこばこ"としてリリースいたします。今まで通り元料理人である園主のレシピ付きです!

全ての野菜は栽培期間中農薬、除草剤、化学肥料は使用せず、2ヶ月熟成した米ぬか原料の自家製ぼかし肥料や有機成分100%の液肥等で作物を栽培しています。手と足で土の状態を確かめながら丁寧に育て、美味しさを一番味わえる頃を見極めその日に収穫したものを発送いたします。

お届けする野菜例(内容は5-6品ほどとなります):
■葉付き玉ねぎ(赤、白)
ネギとタマネギの両方を楽しめる葉付き玉ねぎ。新玉ねぎより若い状態で収穫しているため甘味が強く、生や湯通しするとシャキシャキ、焼くだけでとろける甘さが口に広がります。葉も一緒に調理したりヌタや煮浸しなどにすると絶品です!
■打越一寸そら豆
鮮やかな緑色が特徴的なそら豆。食味も抜群で市場価値の高いそら豆です。若取りのものやかき揚げにすると薄皮ごとお召あがりいただけます。
■越前赤そら豆
福井県在来の小ぶりそら豆。臭みが少なく優しい甘さがします。普通のそら豆より柔らかいので薄皮ごとお召し上がりいただけます。枝豆みたいにさやごと塩ゆでしてもよいですし、ご飯に炊き込むと風味と色合いをお楽しみ頂けます。その他クッキーに混ぜたり、水分が抜けて薄皮が硬くなってきたらアンコにしても美味しいです!
■エディブルフラワー「ボリジ」
青から赤に色が変わる星形の花。食用の他、乾燥させてお茶にしたり、葉は天ぷら等にしてもお召し上がり頂けます。
■きぬさや
さやごとの食べられる甘い品種で、生でも食べられるのが特徴です。
■スナップエンドウ
ジューシーでこちらも生でも食べられます。
■ニラ
香り、柔らかさが自慢のニラです。炒め物や刻んで包む調理に最適です。
■ジャンボアスパラ
生食も可能なアスパラ。長さ、太さ、甘さ充分で食べ応えがあります。


※内容はその時々によって多少変更となる場合があります。予めご了承頂ければ幸いです。
※やさいのこばこの野菜はすべて栽培期間中農薬除草剤不使用です。
※保存性を高めるために野菜によっては土つきのまま発送する場合があります。
※お子様向け塗り絵同梱希望の場合は特記事項にご記入ください。

【こだわり】
①根が張る土づくり
作物は根がしっかり張ることで丈夫に成長します。当園では土づくりにおいて化成肥料や堆肥などを使いません。前に作った作物を裁断しそのまま土に返したり、クローバーなどの緑肥を土にすき込むことで、堆肥がなくても栄養豊富な土を作ることができます。
また畝は何もしないと風雨にさらされて固くなってしまいがちですが、何度か手作業で土寄せを行うことで畝の側面からも根が呼吸できるようにしています。


②微生物や菌の力を借りる
味が濃く美味しい野菜の背景には、微生物や菌の活躍があります。菌を用いて土の中で生の有機物を発酵させることで土壌が豊かになるのです。この工夫によって肥料が土から流れていきにくく、作物に栄養がしっかり行き渡ります。
当園では微生物や菌が活動しやすいよう、餌となる有機物や土壌中のPh(ペーハー)をしっかりコントロールするよう心がけています。

③天然の自家製肥料とお布団
当園では米ぬかからぼかし肥料、籾殻からくん炭を自家製造し、肥料として使っています。またおからや酒粕、鶏糞なども作物に応じて与えています。
さらに株間の稲藁や畝間のクローバーは微生物や菌の餌になるほか、乾燥や泥はね、寒さを和らげる野菜にとってのお布団のような役割を果たしています。そうすることで色形きれいな野菜が育つのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちは定番野菜から珍しい野菜まで、すべての野菜を農薬や化学肥料、除草剤に頼らずに栽培管理を行っています。

農園の拠点は石川県加賀市。霊峰白山を眺望でき、山側から吹く風、日本海側から吹く海風、季節の移ろいとともに様々な季節風が吹きます。

作物を作る上で土壌環境は欠かせない物質です。火山灰土壌の黒ボク土、ミネラルが豊富な赤土、水はけの良い砂地の三層で成りなっています。

こういった自然環境の力が野菜の旨味、香り、風味を強く引き出してくれるように感じています。
もっと見る