【初物】ハウスの中で過保護に育てた最高糖度20度超えのとうもろこし(8〜10本)+オマケ

【初物】ハウスの中で過保護に育てた最高糖度20度超えのとうもろこし(8〜10本)+オマケ

運営からのお知らせ

トマトが浸水で完全に枯れ、全滅してしまったとのことです。
今回は、今まで収穫したトマトを使った加工品をご出品いただきました。
売上担保のためにもこの機会にぜひお試しください。
【売り切れごめん🙏限定200セット】
熊本からいち早く甘〜いとうもろこしをお届けします。

とうもろこしは夏の野菜で8月に収穫時期を迎えますが熊本の暖かいハウスで過保護に栽培することで5~6月に収穫することができます。

昨年、初めて食べチョクで販売したところ
大好評でたった2日で売り切れました❗️しかも、、、クレームゼロ📣
お客様からは甘いと絶賛しれました🌽
すぐに売り切れたため、多くのお客様から再販希望のお声を頂きました

今年は少しだけ量を増やしての販売です。

<味>
粒皮が柔らかく爽やかな甘さ

生で食べてみましたが最高に美味しい‼️
火を通すことで粒の中に甘味を閉じ込めることができ更に美味しく頂けます。

焼きとうもろこしやバターコーンなど
色々なお料理で楽しんで下さい。

ラップに包んでレンジでチンするだけで
誰でも簡単に美味しくいただけます。

<保存方法>
とうもろこしは生で保存すると糖分が抜けていくので火を通してラップに包んで冷蔵庫に保存して下さい。

<栽培のこだわり>
病害虫を防ぐためハウスの中で大切に育てています。

とうもろこしは1本の株に実が2〜3個なりますがその中で1番大きな実だけを残して育てています。

とうもろこしは鮮度が命のため完熟したものから朝どりしハウスから直送します。

<産地の特徴>

熊本県は、きれいな湧き水がたくさんあり水道水もごくごくと飲めるほどおいしい水です。
また有明海に面しており、ミネラルをたっぷり含んだ土と温暖な気候がとうもろこしの成長に適しています。

ハウスの横の用水路には沢山のシジミ貝が育ちます。
調べてみたら、塩分を含んだ綺麗な水でシジミ貝は育つそうです。
そんな水で育ったとうもろこしは、間違えなく美味!

<品種など>
ゴールドラッシュ ネオ

<オマケ得点>
私は以前とうもろこしの皮をむくと残念、、
という経験をしたことがあります。

とうもろこしは天候に左右されやすく先端まで実が詰まらない場合や粒が不揃いの物、また農薬を出来るだけ減らしている為虫がいる場合もあるかもしれません。

そこでとうもろこしをお買い求めの方に
ヤングコーンorフルーツトマトのオマケがつきます

<発送について>
だいたい5月半ばから順次発送を開始致します。
朝取りしてすぐに袋に入れて発送致します🌽
▼ もっと見る