【母の日にお勧め】★よくばりセット★ 旬の高原野菜5~6品(有機、農薬不使用の野菜)と モチモチ☆特別栽培ミルキークイーン2㎏・煎茶の3点セット~レシピ付き~ 【熨斗付き】

【母の日にお勧め】★よくばりセット★ 旬の高原野菜5~6品(有機、農薬不使用の野菜)と モチモチ☆特別栽培ミルキークイーン2㎏・煎茶の3点セット~レシピ付き~ 【熨斗付き】

★母の日用のカードにメッセージを添えてお届け可能です★
 メッセージはご注文時に備考にご記入くださいませ^^

※熨斗希望・名入れ希望の場合は特記事項にご記入ください
 ご記入が無い場合は、「熨斗無し」とさせて頂いています


この商品は、
類農園奈良農場の、旬の有機野菜、農薬不使用、減農薬で栽培した野菜(5~6種)と
三重農場の特別栽培ミルキークイーン2㎏
煎茶(100g)をセットにしてお届けします。

==========================================
●今月のお野菜
朝の収穫状況から、選りすぐりのお野菜を詰め合わせてお届けします!
ラインナップは以下のお野菜が中心です♪
有機キャベツ / 有機ほうれん草 / 有機小松菜 / 有機かぶ / 有機にんじん / 有機スティックブロッコリー / 玉レタス / きくな / 有機ラディッシュ / 有機玉ねぎ / ブナシメジ(栽培期間中農薬不使用)

★苦手のある方は備考欄に記載ください★
生育状況などにより、内容に変更がありますので、お気軽にお問合せ下さい。ご希望の野菜や、苦手な野菜などがございましたら、遠慮なくご相談ください。種類が少ない時期は、同じものが複数ずつ入ることがございます。予めご了承ください。

==========================================
●特別栽培ミルキークイーン●
令和2年度、類農園の【新米】です!
ミルキークィーンは、甘みがありモチモチとした食感が特徴で、冷めても美味しく、近年人気上昇中のお米です♪
そんなミルキークィーンは、病気や害虫がつきやすく、「農薬や農薬や化学肥料を減らして」栽培するのが、通常より難しい品種です。

「日本一の清流」宮川の水で育てたミルキークイーンの新米を、ぜひお楽しみください☆

★ぶつき具合をお選びいただけます★
ぶつきを選んでいただけます
・白米・7分づき・5分づき・玄米(下段につき方の特徴をご紹介しています)
ご希望の方は、ご注文の際、特記事項の欄にお書き添えください。

==========================================
●甘みと香りが違う!有機上撰煎茶●
2020年度産です!

●全国に先駆けて農薬不使用栽培を始めた地域!
実は、三重県度会町は、20年以上も前から全国に先駆けて農薬不使用でお茶栽培を始めた地域です。昼夜の寒暖差が上質な茶葉を育てます。

●日本一の清流・宮川の「川霧」が美味しさを育みます!
清流宮川から立ち登るきれいな水蒸気・川霧は、新しく生まれようとしているお茶の新芽を母親のように優しく包み込み、深く、瑞々しいおいしさ育みます。

●「甘みと香りが違う!」浅蒸し製法
濃い味ととろみがでる深蒸しが一般的な製法ですが、類農園では茶葉本来の香りと甘みを味わえる「浅蒸し」を採用しています。この上品な味わいと香りの良さは格別です!
ゆっくりと茶葉が開いていくので、3煎目までしっかり味が出ます!

※お茶をお買い上げの方には、「オススメのお茶の入れ方」を同封しています。

****************************************
●美味しい野菜やお米で、みんなを笑顔にしたい!
類農園は、奈良県宇陀市と三重県度会町に2つの農場を構え、「農薬や化学肥料に頼らない農業」に取り組んでいます。

「類農園のトマト美味しかったです!」「野菜嫌いな子供が、ペロリと平らげました!」そんなお客様の言葉が、私たちの活力源です。美味しい野菜はお客様を笑顔にして、お客様の言葉が私たちを笑顔にしてくれる。
私たちの作った作物が、そのように笑顔がどんどんつながっていく切掛けになるように、私たちは、美味しい野菜やお米作りに全力で取り組みます。

●こんなところで作っています
【奈良農場】
奈良農場(奈良県宇陀市)は、標高400mの大和高原にあります。寒暖差の大きい高原の冷涼な気候を活かし、高原野菜や奈良県の伝統野菜など、年間約30品目の有機野菜を生産しています。

また、研修生の就農支援や、宇陀産の米のブランド化など、農業を通じて地域の活性化にも力を入れて取り組んでいます。

【三重農場】
三重農場(三重県度会町)の近くには、清流日本一に何度も輝いたことのある「宮川」が流れています。この奇麗な水を活かして、水稲とお茶を栽培しています。

水稲は、有機栽培と特別栽培(農薬・化学肥料5割減)に取り組み、お茶はすべて有機栽培。自然の力を最大限に活かした農法を実践し、人々の健康・安全への期待に応える農業に取り組んでいます。

●美味しい野菜作りは土作りから
美味しい野菜やお米を作るためには、作物を丈夫に育てることが必要で、その基本となるのが土作りです。極端なことを言えば、土が豊かであれば、勝手に美味しい野菜が育ちます。

類農園では、直売所の店頭精米から出る米糠を利用して、自家製のボカシ肥料を作っています。ボカシ肥料を使うことで、土中の微生物が増え、その働きによって土が豊かになっていきます。そのためには、微生物たちのエサも必要で、作付けの始まる春と秋には、籾殻堆肥や木チップ、或いは緑肥などの有機物をせっせと畑に投入し、微生物たちに分解してもらいます。

ボカシ肥料の材料は、米糠、油粕、醤油粕。醤油粕は地元の醤油蔵さんから頂いています。動物性由来の材料は一切使っていません。みなさんに、美味しい野菜を安心して食べて頂きたいから、ボカシ肥料も材料にこだわって作っています。

●土の状態を知ること
作物を丈夫に育てるためには、まずは畑の水はけをよくすること、その上で、土の肥料分やミネラルのバランスを保つが大切です。そのため、作付の前には畑の土壌分析を行い、土の中に肥料分やミネラル分がどれくらい残っているかを調べます。

畑の土の状態を知ることで、肥料をどれくらい入れるのか、どんなミネラルを入れるのかを考えながら栽培していくことができるのです。
▼ もっと見る