【いぶりがっこ味比べセット】食べきりサイズ一本(150g程度)+ねっぱり漬け100g1袋

【いぶりがっこ味比べセット】食べきりサイズ一本(150g程度)+ねっぱり漬け100g1袋

秋田名物の漬物いぶりがっこ。
上品でそこはかとないスモーキー感が特徴 の当園自慢【いぶりがっこ食べきりサイズ】と、醤油で本漬けした【ねっぱり漬け】を1つづつセットにしました。ご飯に、お酒に、いろんな料理に合わせてみてください!

【いぶりがっこ】
当園のいぶりがっこは、干しの仕事に「天日」と「燻し」の2つの手間を重ねることで、歯ごたえと味わいをバランスよく仕上げています。
★海沿いの畑で自家栽培した大根を、まずは海風で天日干し。お日様の光を浴びて熟成した大根って、ほんとに素敵な香りです。ひなびた、懐かしい、日向ぼっこのイメージ。天日干しで大根の旨味が深まるうえに、コリコリと歯ごたえがよくなるんです。
★外で干した大根を、今度は小屋に入れてサクラのまきで燻煙干しに。いったん天日で乾いた大根表皮に煙をまとわせると、ほんのりと、そこはかとないスモーキー感に仕上げることができます。
★漬け込みは、雪深い白神山麓の蔵で、寒さを生かしながら40日以上行います。米ぬか、砂糖、塩というシンプルな漬け原料で仕込み、あとは自然の乳酸菌と天候におまかせ。天然の本格漬物です。
★150g程度の食べきりサイズに切り分けてパックしてあります。
★お好みの厚さに切り、ご飯やお酒のおつまみ、お茶うけに。
クリームチーズと相性ばっちり。ポテトサラダ、タルタルソースにもグー。

【ねっぱり漬】
当園自慢のいぶりがっこをアレンジ。醤油と昆布、イカの旨味でさらに漬け込んだ刻みいぶりがっこ。ご飯がとまらなくなります。食べすぎに注意ですよ~。
★農園晴晴がある秋田県北部では、細かく刻んだ昆布におろしダイコンなど入れてネバネバにかき混ぜて、ご飯のおかずにする料理があります。「ネッパリコンブ」とか「納豆コンブ」とか言っています。
★このネッパリコンブが大好きな園主が、「イブリガッコでやってみるべ」と試してみたらメチャメチャ美味じゃないですか。それが商品づくりのアイデアとなりました。園主も大量に食べますので、在庫不足にご注意。
★東北や北海道の方言【ネッパル】(動詞)は、粘る、くっつくなどの意味。秋田では互いに好意を寄せあったり交際することも、この言葉を使います。
★この漬物を食べたお客様に、粘り強い元気が出て、当園とお客様がネッパる関係になれたらいいな、と思っています。
▼ もっと見る