スムージーのような飲みごたえ! 無農薬ニンジンジュース「パイビタン」

スムージーのような飲みごたえ! 無農薬ニンジンジュース「パイビタン」

<味>
トロットしていて、スムージーのような飲みごたえです。初めて飲まれると、ジュースの濃さに驚くと思います。
主原料は無農薬人参ですが、無農薬リンゴやレモンが味わいを添えています。

<栽培のこだわり>
スター農園では、3種類の農法で栽培しています(全て無農薬・無化学肥料栽培)。
①無肥料自然栽培 ②無農薬・無化学肥料パイシステム農法 ③無農薬・無化学肥料 市販の農業資材でのホームセンター農法(自分たちの農法が最高だとは考えていませんので、常に新しい農法を研究、実践しています)
・つくば分析センターで分析してもらったところ、硝酸態窒素が市販の野菜の約1/4という結果になりました。
・スター農園で栽培された野菜粉末が、2018年に特許を取得しました。
「体内を還元(抗酸化)させる野菜、果実の乾燥粉末の製造及び保存方法」
詳細は弊社の著書「ひふみ循環農法」に記載されております。アマゾンより購入できます。

*原料の一部は仲間の農家さんに無農薬にて生産をお願いしています。

■ゲルソン療法に使用される「無農薬人参ジュース」
ゲルソン療法とは、ドイツのゲルソン医師が1930年に開発した治療法で、ガンを全身の栄養障害、代謝障害ととらえ、大量の生野菜ジュースや塩抜きの食事摂取を中心に治療していく食事療法です。

ゲルソン療法の最重要のポイントは、人間が本来もっている自然治癒力を高めるということです。

ゲルソン療法の特徴のひとつが、人参ジュースと多種類の生野菜ジュースを飲むことです。 多くの野菜が抗ガン作用を持っていることは知られてきていますが、ゲルソン療法では特に人参ジュースを大量に摂取します。

それは、人参には抗がん作用のあるβカロテンとアルファカロテンなどの優れた栄養素が豊富にふくまれており、特にアルファカロテンは、βカロテンの2倍の抗ガン作用を持っていると言われ、発がん抑制効果はβカロテンよりもはるかに強いという研究結果も出ているのだそうです。

また、米国立がん研究所も、がんの予防に1日に6mgのβカロテンの摂取が望ましいとも勧めています。

*ゲルソン療法については多くの書籍が刊行されています。
*インターネットで「ゲルソン療法」について検索すると、たくさんの情報が出てきますので、ご参考にしてください。

<産地の特徴>
群馬県前橋市赤城山ろくで野菜やお米、果樹などを栽培しています。
スター農園では、農薬は使いませんし、虫を手で取って殺すこともありません。そのため、てんとう虫やミツバチ、トンボ、オケラ、ハサミムシ、カナブン、クワガタ、カブトムシなどの多くの虫がいます。農薬を撒かないためか、スズメやキジ、タカ、トンビ、ヒバリ、野ネズミなども農園に遊びに来ます。

<品種など>
ニンジンは主に黒田五寸を栽培し、それを原料としています。
▼ もっと見る