山形置賜飯豊【もち米こゆきもち 精米20kg】令和2年秋収穫 山形県オリジナルのもち米

山形置賜飯豊【もち米こゆきもち 精米20kg】令和2年秋収穫 山形県オリジナルのもち米

【令和2年秋収穫 もち米こゆきもち】

令和2年10月に収穫したもち米こゆきもち。

こゆきもちは山形県が独自に開発したもち米。

その名のとおり粉雪が舞うような美しい白さと色艶。

甘みとこしのあるこゆきもちは、お餅、おこわ、赤飯として召し上がっていただくには最適なもち米です。

冷めても硬くならず、たとえば白米にこゆきもちを混ぜて鶏肉、舞茸、人参、油揚げで炊き上げるおこわは絶品。

ぜひお好みのレシピでめしゆたかファームのこゆきもちを楽しんでくださいませ。

もち米の玄米は、玄米特有の匂い少なく、もっちりとした食感と甘みが楽しめます。

地元の直売所にて販売しておりますが、在庫がございますのでネットにて販売させていただきます。


【めしゆたかファーム】

めしゆたかファームでは米沢牛を10頭ほど飼育しており、お米づくりの過程で穫ることができる稲わら、田んぼ周りの雑草を牛たちの食事として提供し、その牛糞を堆肥として田んぼへ散布、自家製堆肥による循環農業を実践。

疎植栽培にて苗を植え、丈夫で病害に強い稲、一粒一粒が大きな旨いお米を育てております。

必要のない窒素散布を控え、田んぼに負担をかけず、地力を活かした農法、そして農薬7割減、化学肥料5割減の減農薬栽培を心がけております。

めしゆたかファームの所在する飯豊町下椿地区は、飯豊山からの雪解け水に含まれる美味しいお米作りに必須のミネラル、ケイ酸が春先に田んぼへ豊富に注ぎ込み、土壌は粘着質で本当に美味しいお米を作るのに最適の土地柄です。

飯の豊かな町と書く飯豊町(いいでまち)、お米王国山形県の中でも特筆して美味しいお米を作ることができる飯豊町。

極上の農家直送米をお楽しみくださいませ。

生産者:梅津義浩


【お米を籾のまま保存】

めしゆたかファームでは収穫時に稲穂を外した籾(もみ)のまま、お米が生きた状態にて専用の小屋で保存。

お米の生きた状態とは、もみ米を種まきすると芽が出て稲穂に育ちお米が収穫できます。

もみ米で保存するとお米が硬い殻に守られ、酸化、虫食いを防ぐことができ、収穫したての新米の食味をいつでも楽しむことが可能となります。

お客様から注文をいただきましたら籾摺り機に通し籾殻を外し、色彩選別機にかけて乳白米 / 欠損米を取り除き、目視にてお米の状態を確認し、粒の大きく食味優れた一等米のみをお送りしております。


【精米購入のお客様へ】

分づき米に対応いたします。

ご希望のお客様は、お手数おかけしますが、三分づき、五分づき、七分づき、お好みの分づきをご購入時にお知らせくださいませ。

【玄米購入のお客様へ】

分づき米対応は精米購入のお客様へ対応しておりますが、玄米購入のお客様で精米もしくは分づき米を希望のお客様は、精米もしくは分づき米すると糠が取り除かれ、お米の量が減ってしまうことにご留意くださいませ。(精米の場合は約1割減)
▼ もっと見る