本格アップルパイにどうぞ!酸味のきいた青りんご、グラニースミス3キロ箱入
本格アップルパイにどうぞ!酸味のきいた青りんご、グラニースミス3キロ箱入
本格アップルパイにどうぞ!酸味のきいた青りんご、グラニースミス3キロ箱入

本格アップルパイにどうぞ!酸味のきいた青りんご、グラニースミス3キロ箱入


酸味のきいたオーストラリア生まれの青りんご、グラニースミス 3キロです。
主に調理用のりんごとなります。
アップルパイの本場、アメリカではとてもポピュラーな品種です。
加熱しても酸味と香りが良く、お砂糖を加えてもりんごの風味が負けません。
果肉は煮くずれにくいタイプとなります。
日本ではまだあまり馴染みのない品種ですが、りんごを調理する欧米ではアップルパイやお肉のソースなどにとてもポピュラーな品種だそうです。
また茶色く変色しにくいのでサラダなどにも彩りが綺麗です。
生絞りにしてサワーなどと割りますと甘くないりんごサワーとしても美味しくお召し上がりいただけます。

<栽培のこだわり>

カエルフルーツカンパニーでは葉摘を行わない「葉とらずりんご」を栽培しています。
葉摘とはりんごを赤くするため葉っぱを摘む作業で、通常市場に出回るりんごは葉摘(はつみ)という作業をして出荷されております。葉を摘むことで、まんべんなく真っ赤なりんごを出荷するためです。

葉とらず栽培は見た目の赤さにばらつきは出てしまいますが、葉摘をしないことでより多くの光合成が行われ、その結果甘み成分をより多くりんごに蓄えることができるようになるという仕組みです。
見た目よりも味にこだわった林檎、それが「葉とらずりんご」です。

葉とらず栽培のリンゴは市場には出荷できないというデメリットがありますが、せっかく脱サラしてまで農家を営んでいるのだから、りんごの持つ最高の美味しさを皆さまにお届けしていきたい。
そんな理由でこのような栽培方法を取っております。

草刈りをして、なるべく除草剤を使わない圃場で栽培しています。
また受粉にはマメコバチを導入し、自然に近い栽培を目指しています。
農薬の使用は最低限を目指し、コンフューザーというフェロモン剤で害虫対策を行っております。

<産地の特徴>

晴れの日が多く、千曲川から流れる栄養たっぷりの水で作られる酸性土壌の小布施町は栗や北斎で有名ですが、果物の適地としても知られています。
カエルフルーツカンパニーはそんな小布施町の美味しい果物に惹かれ、農業の世界に飛び込みました。
小布施町の果物はとにかく何を食べても美味しい!
そんな小布施町でなるべく除草剤を使用しない草がいっぱいの大地で育てる草生栽培や葉っぱを摘まない葉とらず栽培など、自然に逆らわない栽培を心がけ、自然にも人にも優しく美味しいものを作っていきたいです。

<品種など>
1800年代にオーストラリアでスミスさんという奥さんに発見されたそうで、名前の「グラニースミス」は「スミスおばさん」というような意味だそうです。
ビートルズで有名なアップルレコードでもビジュアルに使われているりんごが、こちらグラニースミスです。
リンゴ・スターと何か関係があるのかないのかはわかりませんが…
何れにしてもアップルパイの本場アメリカではとてもポピュラーな品種だそうです。

〈発送資材につきまして〉
ぶつかり防止の為、りんご用のフルーツトレーにいれ、果物用の厚手のダンボール箱に入れて発送いたします。
大きさにより個数が変わってまいりますが、同じ大きさのりんごでも重量にはばらつきが出てしまいます。
こちらの商品は、梱包した状態でおよそ2.5〜3キロとなります。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る