じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】
じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】

じゅわっと甘い!完熟サンふじ・食べ切り中玉【14個~16個 5Kg箱】

甘味と酸味、食感の良さのバランスが秀逸なりんごの王様「サンふじ」。
ご贈答にもお使いいただける品質の中玉14個~16個を5Kg箱に詰めました。中玉は1回で食べ切れたり、まるかじりするのにちょうどいいサイズとして人気です。また特大サイズに比べ中玉はシャキッとした食味が落ちにくく、比較的貯蔵性がよい傾向です。  

冬のご贈答シーズンに30年以上全国のお客様にお届けをしていますが、「ここのりんごは水分が多くて美味しい」とご感想をいただきます。樹上で完熟したもぎたての新鮮「完熟サンふじ」をお楽しみください。

※お歳暮熨斗をご希望の方はご注文の際に「お歳暮熨斗希望」とご記載ください。箱の中へ入れる内熨斗にて対応をいたします。記載がないものについては、熨斗なしで発送いたします。
※熨斗への名入れはお受けできません。
※サンふじは蜜が入りやすい品種ですが、天候や個体によって蜜が入るもの、入らないものがございます。あらかじめご了承ください。蜜があってもなくても味は変わらず美味しいです。
※箱サイズは流通用の呼称です。箱を含めての目安の重量になります。
※蜜入りりんごは、ごく稀に蜜の部分が茶色に変色することがあります。これは「蜜褐変」と呼ばれ、蜜が入ったりんごの水分蒸散がうまくいかない場合に、蜜の部分が変色し、腐敗していく生理現象です。選果には細心の注意を払っておりますが、万が一気になる状態のりんごがあれば、連絡機能にてご連絡をいただくか、食べチョク様へご連絡いただければ幸いです。
※今年は遅霜による影響で、少々りんごの皮にサビと呼ばれる模様が入るものがございます。ご了承ください。

【お召し上がり方法】
少し冷やして食べると味がキリっとしておすすめです。りんごは暑さと乾燥に弱いフルーツです。ビニール袋やラップに包み涼しい場所か冷蔵庫(野菜室)で保存してできるだけお早目にお召し上がりください。生食が一番おすすめですが、ヤクルトR1ドリンクや、ヨーグルトにはちみつと水少々、お好みで小松菜などの野菜とミックスしてスムージーにしても美味しいですし、果肉がしっかりとしているのでお菓子にもおすすめです。

【太陽の恵みをギュッ!・「やっぱりりんごは『ふじ』」】
日本はもちろん世界で一番多く生産されている人気のりんご「ふじ」。実に袋をかけずに育てた「サンふじ」は、太陽の光をたっぷり浴びて育つため、りんご本来の旨味が楽しめます。 さわやかな酸味と甘みが口いっぱいに広がり、かじりつけばサクッと、噛めばみずみずしさもあいまりシャキシャキとする味わいは、近年いろんな品種があるけれど「やっぱりりんごは『ふじ』」と言わしめる風格があります。

【ギリギリまで樹上で待つ!「今」が旬の完熟サンふじ】
当園のサンふじは樹の上でギリギリまで完熟をさせた「今」が一番美味しいです。りんごは自然のもの。蜜が入るものも、入らないものもあります。見つけたら山の神様からの贈りものとしてお楽しみください。

【栽培のこだわり】
有機肥料7割、おがくずをまぜたフカフカな土、樹齢20年から40年の大きな成木でゆったりと育てました。
幹が太く大地に深く根をはる成木は、お天気に左右されにくい生命力の強さが特徴です。栄養も水分もしっかり吸い上げるため、当園のわい化栽培りんご(小さい木で均一なりんごを作る栽培方法)に比べ、果汁が多く、りんご本来の甘さやコク、風味あふれるりんごができます。

【天空のりんご園】
北城農園があるのは、長野県南部に位置する信州伊那谷。南アルプスと中央アルプスに囲まれ、天竜川が眼下に流れるフルーツの里です。川霧がたちこめる冬の晴れた朝は、まるで天空のりんご園。山間の河岸段丘には、りんごをはじめ、ブランド干し柿として有名な「市田柿」の畑が広がっています。隣町松川町では、近年りんごのお酒・シードルに力を入れるりんご農家さんも沢山いるりんご生産地です。

【隠れたりんごの名産地】
伊那谷でも当農園がある標高700m、かつて「増野原」と呼ばれた高台の一帯は、知る人ぞ知るりんごの名産地。高台の山肌にあり、澄みきった空気のなか昼はサンサンと太陽があたるため、りんごがスクスク育ち、夜は夏でもクーラーが不要なほど急激に冷えるためりんごが身を守ろうとします。この繰り返しによって甘さやコクがある歯ごたえの良いりんごができます。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る