【数量限定】もはやスイーツ☆有機サツマイモ「紅はるか」2㎏入り と 旬のお野菜8~9品のセット

【数量限定】もはやスイーツ☆有機サツマイモ「紅はるか」2㎏入り と 旬のお野菜8~9品のセット

※この商品は、有機サツマイモ2㎏箱と旬の高原野菜セットMサイズがセットになっています
※熨斗をご希望される方は、①熨斗の表書き、②送り主様のお名前を、特記事項にご記入願います。ご記入が無い場合は、「熨斗無し」とさせて頂いています。


●有機栽培のサツマイモ「紅はるか」 2㎏入り

紅はるかは、安納芋のようなねっとり系のサツマイモで、滑らかな食感と上品な甘みで人気急上昇中です。じっくり焼いて焼き芋にすると、一層甘みが増して、もはやスイーツと言っても過言ではありません。

収穫して間もない内に出荷しているので、お家でお好みに甘く育てて頂けます。
【甘く育てる追熟】
・1つずつ新聞紙に包みます
・13℃〜16℃の場所に保管します
・時間が経つ程、デンプンが糖に変化!
 甘〜いサツマイモになります☆
 目安は(1〜2週間)

焼き芋はもちろん、天ぷら、芋ご飯、スイーツに♪たっぷり使って頂けます^^

~☆ユーザーの方からメッセージいただきました☆~
「流行りの蜜イモとは違う感じの甘さ。
最近ってやたらと甘さ押しじゃないですか。

そういうのじゃなくて、サツマイモ本来の味わいの中での甘さって感じです。
だから、サツマイモの味がしてて美味しい!
蒸すより、ぜひ焼き芋で☆」


●旬の有機野菜、農薬不使用で栽培した野菜、8~9品セット

ただ今お届けできるお野菜です。
ホウレン草、小松菜、水菜、空心菜、トマト、大根、サツマイモ(紅はるか)、じゃがいも、宇陀金ごぼう、白菜、サニーレタス

上記のお野菜の中から、組み合わせてお届けします。生育状況などにより、内容に変更がありますので、お気軽にお問合せ下さい。ご希望の野菜や、苦手な野菜などがございましたら、遠慮なくご相談ください。種類が少ない時期は、同じものが複数ずつ入ることがございます。予めご了承ください。

****************************************
●美味しい野菜やお米で、みんなを笑顔にしたい!
類農園は、奈良県宇陀市と三重県度会町に2つの農場を構え、「農薬や化学肥料に頼らない農業」に取り組んでいます。

「類農園のトマト美味しかったです!」「野菜嫌いな子供が、ペロリと平らげました!」そんなお客様の言葉が、私たちの活力源です。美味しい野菜はお客様を笑顔にして、お客様の言葉が私たちを笑顔にしてくれる。
私たちの作った作物が、そのように笑顔がどんどんつながっていく切掛けになるように、私たちは、美味しい野菜やお米作りに全力で取り組みます。

●こんなところで作っています
【奈良農場】
奈良農場(奈良県宇陀市)は、標高400mの大和高原にあります。寒暖差の大きい高原の冷涼な気候を活かし、高原野菜や奈良県の伝統野菜など、年間約30品目の有機野菜を生産しています。

また、研修生の就農支援や、宇陀産の米のブランド化など、農業を通じて地域の活性化にも力を入れて取り組んでいます。

【三重農場】
三重農場(三重県度会町)の近くには、清流日本一に何度も輝いたことのある「宮川」が流れています。この奇麗な水を活かして、水稲とお茶を栽培しています。

水稲は、有機栽培と特別栽培(農薬・化学肥料5割減)に取り組み、お茶はすべて有機栽培。自然の力を最大限に活かした農法を実践し、人々の健康・安全への期待に応える農業に取り組んでいます。

●美味しい野菜作りは土作りから
美味しい野菜やお米を作るためには、作物を丈夫に育てることが必要で、その基本となるのが土作りです。極端なことを言えば、土が豊かであれば、勝手に美味しい野菜が育ちます。

類農園では、直売所の店頭精米から出る米糠を利用して、自家製のボカシ肥料を作っています。ボカシ肥料を使うことで、土中の微生物が増え、その働きによって土が豊かになっていきます。そのためには、微生物たちのエサも必要で、作付けの始まる春と秋には、籾殻堆肥や木チップ、或いは緑肥などの有機物をせっせと畑に投入し、微生物たちに分解してもらいます。

ボカシ肥料の材料は、米糠、油粕、醤油粕。醤油粕は地元の醤油蔵さんから頂いています。動物性由来の材料は一切使っていません。みなさんに、美味しい野菜を安心して食べて頂きたいから、ボカシ肥料も材料にこだわって作っています。

●土の状態を知ること
作物を丈夫に育てるためには、まずは畑の水はけをよくすること、その上で、土の肥料分やミネラルのバランスを保つが大切です。そのため、作付の前には畑の土壌分析を行い、土の中に肥料分やミネラル分がどれくらい残っているかを調べます。

畑の土の状態を知ることで、肥料をどれくらい入れるのか、どんなミネラルを入れるのかを考えながら栽培していくことができるのです。
▼ もっと見る