おくとパスする!?オクトパス(マダコ)
旨さのパス☆1kg
おくとパスする!?オクトパス(マダコ)
旨さのパス☆1kg
おくとパスする!?オクトパス(マダコ)
旨さのパス☆1kg

おくとパスする!?オクトパス(マダコ) 旨さのパス☆1kg

マダコとは

 関東では正月に酢ダコを食べる。関西では夏至から11日目の半夏生にタコを食べる風習がある。「土用のタコは親にも食わすな」という、「秋ナスは嫁にも食わすな」と同様のことわざがある。 とろ箱に 脚のぞかせて 蛸糶(せ)らる 馬場 秀命名江戸末期の『私語私臆鈔』には、「タコは多股(たこ)からきている」とある。『和名抄』には、「海蛸子(かいしょうし)(海のクモ)」とあらわされていたものが省略されて「蛸」一字でタコと呼ぶようになったと記している。 ほかには、タコは手の多いことから手許多(てここら)と言われ、これが転訛して出来た言葉という説など、どの説でも姿形からの命名のようです。 <食べる前に> タコの頭(厳密には胴体なんですが)と目のある付近に、実は隙間が空いているんです。 そこに指を突っ込んで、手袋をひっくり返すようにすることができます。 すると内蔵が出てきますので、そこを取り除きましょう。 初めての方にはちょっと「グロテスク」に映るかもしれませんが慣れてしまえば大丈夫。 一部くっついている部分がありますので、そこを包丁で切り取るか、手で引きちぎっても構いません。手で取った場合には少し内蔵が残る場合がありますので後でちゃんと取り除きましょう。 これでまず最初の段階、内蔵を取り出すことができます。 多量の塩で揉んでヌメりを落とそう タライにまとめて揉み洗いすると多少塩の節約に……。 タコ1匹あたり大さじ1杯分くらいの塩でしっかり揉み込みましょう。 するとタコの表面のヌルヌルした粘液を少しずつ落とすことができます。タコはこの粘液で体を守っています。ここはしっかりとヌメリが取れるまで繰り返します。 たらい等に入れて揉み込み洗いをしていると、どんどん泡が立ってきます。 それでもしつこく、吸盤のところも丁寧にヌメりを取りましょう。 指で触ってみて、表面のヌメりが取れて「キュキュッ」としてきたら大丈夫です。ヌメリがなかなか取れない場合は塩を足してさらに揉み込んでください。ここは丁寧に! 最後に流水でしっかりと、ヌメリと塩を洗い流してあげましょう。 続いてタコをボイル(茹で)していきます。 まずは大きめの鍋を用意しましょう。 そしてお湯を張って、沸騰させていきます。 ヌメリを取る段階で塩が効いていますので、お湯に塩を入れるかどうかはお好みで大丈夫です。 筆者の場合は塩を1~2つまみ程度入れて塩茹ですることが多いですね。 コツは、大きな鍋でお湯が沸騰した状態を維持してあげることが大切。 なのでタコをお湯に「ドボン」と入れてしまうのではなく、頭を持って足先から少しお湯につけて、一度あげます。 そしてまた沸騰してきますので、つけて、あげる、を繰り返して足先から少しずつ茹で上げていきます。頭の部分まできたら全部いれても、お湯の温度が下がりきらず沸騰した状態が続きますよ。 生タコのぐにゃぐにゃした感じから茹で上がってくると表面がパツンと張ってきます。 茹ですぎは硬くなってしまうので、頭の部分にハリが出てきて箸でつまんだときに固めの弾力を感じる程度がちょうどいい茹で時間です。


<食べ方など>

茹で上がってしまえばあとはおいしいタコ料理を作るだけ。
 唐揚げやタコ焼き、酢だこなどなど。 とってもおいしい魅力的なメニューで、食卓が豪華になりそうですよね。 しかしタコって買うとなかなかいい値段がするんです。なので、「ちょっと高いから……」と言って敬遠しがちなんです。 そんな中で贅沢、マダコを楽しめるなんて、なかなか素敵かもしれません。 そしてタコは一度に食べきれない分を冷凍しておけるのが嬉しいところなんです。 冷凍してしまうと大きく食感や味が変わってしまう食材もありますが、タコは冷凍しても大丈夫なので便利です✨ 是非一度ご賞味ください!    サイズはミックスです。
 大切な命を大事にしたいので、 丁寧に水揚げして、おくります。
1kg目安入 1から3匹くらい入

#たこ #タコ #蛸 #美味しい #美味 #お買い得 #うまい #たこ焼き #主役 #唐揚げ #おでん #冷凍して活用 #日本海 
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る