見た目真っ黒!濃厚な甘さの秋映(あきばえ)3キロ自家用最終便です!
見た目真っ黒!濃厚な甘さの秋映(あきばえ)3キロ自家用最終便です!

見た目真っ黒!濃厚な甘さの秋映(あきばえ)3キロ自家用最終便です!

※運営からのお知らせ※


~令和3年8月豪雨の影響について~

大雨により、60haの畑に植えてあったりんごの木60本が水没してしまったそうです。これにより約150万円の被害がでてしまったそうです。
また収穫期を迎えておりました桃はすべて収穫できなくなってしまい
お客様にお届けすることができなくなってしまいました。

ぜひ応援よろしくお願いいたします。
<味>
〜甘くて濃厚「秋映」今週が最終便となります!〜

果汁が多く、甘みと酸味が強くバランス良い味となっております。
比較的お日持ちはしますが、シャキシャキとした歯ごたえは2週間ほどです。なるべくお早めにお召し上がりください。

最後の最後まで樹上にて甘みを蓄えました。至極の秋映、是非お試し下さいね。
その分足も早いですので、お早めにお召し上がり下さい。

こちらの規格は「自家用」です。
果実に問題のない程度の傷やツル抜け、サビのあるものが含まれる規格となっています。
ご贈答の際はご注意ください。

✳︎一つ一つ人の手による選果となっていますので、見落としなどによりこれ以上の傷のものなどが入ってしまうことも稀にございます。日々気をつけて選果しておりますが、もし何かございましたらお知らせ願います。また、低農薬なので小さい虫の卵などが付いていた場合、発送した時点では問題がなくても二日ほど日にちが経つことにより孵化している場合なども稀にございます。その部分のみ取っていただければ問題なくお召し上がりいただけますが、ご交換することも可能ですのでもしよろしければお早目にご連絡いただきたいと思います。

<栽培のこだわり>

 カエルフルーツカンパニーでは葉摘を行わない葉とらず栽培をしています。

葉摘とはりんごを赤くするため葉っぱを摘む作業で、通常市場に出回るりんごはだいたい葉摘という作業をして出荷されております。

私どもカエルフルーツカンパニーでは、見た目の赤さにばらつきは出てしまいますが、葉摘をしないことでより多くの甘み成分をりんごに蓄えてもらえる、葉取らず栽培でのりんごを出荷しています。

りんごの持つ最高の美味しさを皆さまに体験していただきたい。
そんなこだわりでこういった栽培方法を取っています。

草刈りをして、なるべく除草剤を使わない圃場で栽培しています。
また受粉にはマメコバチを導入し、自然に近い栽培を目指しています。
農薬の使用は最低限を目指し、コンフューザーというフェロモン剤で害虫対策を行っております。

<産地の特徴>

 信州小布施町は晴れの日が多く、千曲川から流れる栄養たっぷりの水で作られる酸性土壌の小布施町は栗や北斎で有名ですが、果物の適地としても知られています。

カエルフルーツカンパニーはそんな小布施町の美味しい果物に惹かれ、農業の世界に飛び込みました。

小布施町の果物はとにかく何を食べても美味しい!
そんな小布施町でなるべく除草剤を使用しない草がいっぱいの大地で育てる草生栽培や葉っぱを摘まない葉とらず栽培など、自然に逆らわない栽培を心がけ、自然にも人にも優しく美味しいものを作っていきたいです。

<品種など>

真っ黒に赤黒い見た目が個性的なりんご「秋映」(あきばえ)は信州生まれ、信州の秋を告げる代表的なりんごです。
秋に出回ってくる、信州りんご3兄弟(シナノスイート、秋映、シナノゴールド)のうちの一品種でその見た目の華やかさと濃厚で甘いりんごの風味にファンの多い品種となります。
果汁がたっぷりで、甘みと酸味のバランスが良く、特に甘みの強い品種です。
「秋映」は小布施町の隣町、信州中野にて誕生したりんごで1993年に登録された比較的新しい品種です。「千秋」と「津軽」を交配させできた品種だそうです。
毒々しいまでに赤くなる見た目はまるで白雪姫に出てくる魔女のりんごのようです。これから来るハロウィンのイベントにぴったりではないでしょうか。見た目と裏腹な至福の味にお子様たちもびっくり?かもしれませんね。
秋の楽しいひと時にお役に立てていただければと思います。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る