【冬の贈り物】シンビジウム"キューティーハニー"3本立ちアーチ仕立て、贈答自宅兼用

【冬の贈り物】シンビジウム"キューティーハニー"3本立ちアーチ仕立て、贈答自宅兼用

【販売期間のお知らせ】
毎年11月中旬から12月下旬にかけて販売しています。
その他の期間では販売しておりませんのでご承知おきください。
販売期間中は無休で営業しております。
どうぞよろしくお願いいたします。
【品種】
品種名:キューティーハニー
色はピンク。
11月下旬~12月上旬開花予定。
一つ一つの花が大きい大輪の品種です。
この品種は開発されてから年月は経っていますが、今でも人気の品種のひとつです。
市場出荷をメインに生産をしていますが、ほぼ注文で埋まってしまいますので早い者勝ちとなります。
栽培上、各生産者の手癖があり、この品種をうまく育てられる人とそうでない人に分かれることもあり、生産量は多いほうではありません。
特にキューティーハニーのアーチ仕立ては市場でもほぼ見ることはありません。

※陶器鉢の色は指定できません。花色に合わせて当園にて見繕います。

【置き場所】
シンビジウムは寒い環境が得意なので、3度くらいの低温環境でも生きます。
長く鑑賞するためには暖房の効いている部屋には置かないようにします。
寒い玄関で皆様と共に来客を出迎えてくれます。

【水やり】
キューティーハニーは、写真のように蕾が多くこれから花が開く期間が長い場合、水やりが少なすぎると蕾が落花します。
1週間に2回コップ一杯(300cc程度)を与えることをおすすめします。
鉢の底には穴が開いていますので、受け皿をしてから水やりをおすすめします。
温室にて開花させる時は、夜間の加温、十分な太陽光、晴れた日の水やりをしています。

【栽培のこだわり】
・開花について
花を咲かせる時には、水と温度(昼、夜)が必要になります。
開花が遅い場合、夜温を上げる(約18℃まで)場合もありますが、当園では4段サーモを使い極力低温(夜温10~15℃)でゆっくり開花させることで花もちが良くなっているようです。
ご購入いただいた個人のお客様や販売店様からは、花もちが良くて嬉しいと評価をいただいています。

・鉢サイズについて
6.3号内容器という鉢を使っています。
6号鉢よりも少し大きく、7号鉢よりも小ぶりに作り、郵送できるサイズ感を目指して栽培しています。

3年という年月をかけて花を咲かせます。
最後はお客様の下で有終の美を飾ってほしいと願っています。

【産地の特徴】
愛知県はシンビジウムの産地です。
私の居る豊田市は県内でも生産者の多い地域ですが、私が最年少です。
東海地方に目をやると、大きく作る大先輩、極端に小さく作る先輩、蘭科植物のマニアックな種類を生産する方々など、ジャンルは多岐に亘ります。
▼ もっと見る