【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》
【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》
【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》
【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》
【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》
【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》

【2022年8月下旬発送】子どものおやつに大人気!!暑い夏に冷やして食べるのがおすすめ🌽収穫後即日発送🎁とっても甘~いスイートコーン(とうもろこし)《11~13本入》

<冷やすと甘くなる暑い夏のおやつにいかがでしょう?>
めちゃくちゃ美味しいのに大きくなれずに小ぶりというだけで、市場の評価を受けず、世に出回ることの少ない野菜。まさに、我が家のトウモロコシはそんなトウモロコシです。小ぶりながらも平均糖度は18度。もはやフルーツ。そして、桜井ファームのトウモロコシには糖度では測れない甘さの特徴があります。

【それは、冷やせば冷やすほど甘くなる!!】

夏に温かいトウモロコシも良いですが、冷たく甘~いスイーツのようなトウモロコシはいかがですか?
大きさは10~15㎝。手のひらに収まる位だから、食べきりサイズで夏の食欲の落ちた時の子どものおやつや、風呂上がりの小腹が空いたときにガブッ!そして、夏といえばキャンプのお供にかさばらずに持ち歩けるのでおススメです。大人も子どもも思わず笑顔に元気になりますよ(o^―^o)

<冷やして食べる方法>
①皮を剥いて軽く水をかけ、一本ずつラップに包んで2分30秒でレンジでチン!
②熱いうちにそのまま冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。
3日間はプリプリ感を損なわずに美味しく頂けます。
※すぐに食べたいときは、レンジでチンの後に氷水にさらしてから冷蔵庫に入れると   すぐに冷えて美味しく頂けます。

<箱にもこだわり、贈答用にも>
お客様に送る段ボール箱のデザインには桜井ファームの思いを込めています。箱を開けた時に、少しでも伝わる事があれば嬉しいです。お中元の時期には間に合いませんし、指定日配送もお受けしかねますが、気の知れたご友人様などへの贈答用としてもご検討ください。

<栽培のこだわり。土へのこだわり。>
農業の基本は土づくりから。土は、作物の生活の基盤です。種がまかれたその場所から移動することなく、台風の暴風雨にさらせれようとも、雨が降らない大干ばつにさらせようとも、収穫までそこで耐えなければなりません。そのためには、作物に必要とされる栄養をバランスよく土に施し、体を支える根の伸長を促さなければなりません。土の耕し方にも工夫が必要です。必要以上に機械を動かし土を細かくしすぎれば、微生物の住み家が奪われ、肥沃な土とは無縁となります。機械による踏圧で、下層に固い土の層ができて、体を支える根が伸びづらくなることもあります。

そのため、桜井ファームでは、土づくりに以下のこだわりを持っています。

①土壌診断(土に残っている栄養分を数値化する土の健康診断)を毎年実施し、作物ごとに必要な栄養分を、必要な分だけ施しています。余分な肥料の投入は、環境への負担ともなります。
②人間と同じように、作物もミネラルバランスを整えることが健康な生育につながると、国立大学の研究で報告されています。
そこで土のミネラルバランスに着目し、慣行よりも肥料を減らす試験にも積極的に取り組んでいます。
③機械の大型化が進む中で、必要以上の規模の機械を使わず、土になるべく負担を与えないようにし作物の根の伸長を促す土づくりを意識しています。

<地域の特徴>
とうもろこしの生育に一番必要な気候条件は高い温度です。
近年、40℃を超えるような猛暑になることも珍しくない我が北海道。トウモロコシの栽培には、適した気候になってきました。 加えて、とうもろこしの甘さに関与するのは、昼夜の寒暖差です。北海道は、日中の暑さがとんでもなく暑くても、夜も寝苦しいというのはまれです。とうもろこしは昼間に光合成をして蓄えた糖分を、夜の呼吸で消費しますが、夜の温度が低いと、呼吸量が減り、消費する糖分も少なくて済みます。ですから、昼暑く夜涼しい北海道のとうもろこしは甘くなりやすいといえます。

<美味しい食べ方他にもいろいろ>
◎蒸してアツアツでガブッ!
①皮を剥いて軽く水をかけ、一本ずつラップに包んで2分30秒でレンジでチン!
②ラップを剥がしてお召し上がりください。
※電子レンジの機種、ワット数によってお好みの柔らかさに調整してください。
※2本以上一度に温める場合は、少し長めの時間で温めてください。
※5本以上一度に温める場合は、大きめの鍋で茹でた方が早いです。鍋にスッポリ入る ので茹でやすいです。

◎焼いて香ばしくガブッ!
①網やグリルで皮を一枚残して焼いてください。
②焼きあがったら、はけで醤油や、砂糖醤油を塗ってお召し上がりください。
 
◎生でも食べれて美味しい!
とお伝えしたいところですが、生の美味しさを味わえるのは収穫現場の特権だと思っています。もし、生のトウモロコシのイキイキとした甘さを感じたいと思ってくださった時には、是非、収穫時期に農場までお越しください。いつでもお待ちしております(^▽^)/

<長期で保存する為に>
◎冷凍保存で一か月間美味しく頂けます。
①皮を剥いて軽く水をかけ、一本ずつラップに包んで2分30秒でレンジでチン!
②粗熱をとってからトウモロコシの粒を包丁で削ぎ落すように切ってください。芯は他の品種より柔らかいため、芯を少し削るようにすると切りやすいです。
③削ぎ落した粒を保存袋に入れて冷凍すれば、パンに練りこんだり、スープにしたり、チャーハンに混ぜたりと、手軽に様々な料理に使えます。

<注意事項>
〇収穫適期が非常に短く、保存ができない作物です。そのため、指定日配送はお受けできません。天候状態や、生育の進み具合によって、出荷が予定より早まったり、遅れる可能性があります事をご理解ください。贈答用で出荷のタイミングが不明だと不安な場合は、ご連絡ください。都度出来るだけの対応をいたします。
 
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る