記念日、お祝いに!天然真鯛!尾頭付き 1尾

記念日、お祝いに!天然真鯛!尾頭付き 1尾

内容:真鯛1尾

発送日:月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日

4,500 (税込 / 送料別)


この商品はお届け日を指定できません。

ご注文から2〜7日以内に発送いたします。
10月16日 から 12月16日 までは、送料に加えてクール(冷蔵)代990円がかかります。

※※※熨斗の対応はしておりません。※※※

<こだわりポイント>
日本海の荒波にもまれた、美味しい天然鯛です。
日によってサイズや数量は、色々ですが、なるべく、大きめを選んでお届けします。粋のよいものを漁師が選び
お届けします。



●真鯛(マダイ)の美味しい食べ方等

●刺身はもちろん、昆布じめ、椀だね、煮物、焼き物、蒸し物、鍋物、酢の物など和洋中問わず、多彩な料理に使えます。



◆刺身や握り

 通常皮を引いて身だけの刺身にする場合が多いですが、皮と身の間に旨みを含む脂があるので、皮つきの状態で皮の上から熱湯をかけ、すぐに氷水に落として身に火が入らないようにして刺身にする皮霜造りも美味しいです。また、昆布締めにしたものも美味しい。

◆焼き物

 祝いの席に付き物の鯛の姿焼きの他、切り身での塩焼きも美味しい。

◆真鯛のポワレ

 洋食ではオリーブ油を使い、皮目をカリッと焼き上げたポアレの他、ハーブを効かせオーブンでじっくりと焼き上げる料理にも使います。

◆煮物

 兜煮、鯛のアラは煮つけにすると絶品です。薄味から濃い目まで好みに仕上げて美味しい。

■鯛めし

鯛飯は写真撮るの忘れたので文章で説明します!
普通は生の鯛を使って鯛飯を作る方が多いと思いますが
うちでは一度焼いてから鯛飯を作ります!この方が魚臭さもまったくなく
焼いてあるので香ばしさもましてとてもおいしいです!!
また、たくさん釣れなかった方は、塩焼きにしてわざときれいに食べないで
身も少し残っているくらいでとっておき、それを鯛飯に使ってもいいだしでますよ!
少し悲しい気もするけど・・・
簡単に作り方を説明すると
お米は、うちでは米3:もち米2の割合でやっています!
モチモチ感がダメな方は、4:1くらいでもいいでしょう!
味付けは、酒大さじ2・みりん小さじ1・塩小さじ1・薄口醤油大さじ1 (ご飯が5合に対し)
炊くときの水のかげんは、1合控えめの量で(5合だったら、4合の水の量で)
鯛のほうは、小型の鯛を焼きそれをそのまま上に乗せ炊いてください。
炊き上がったら身をほぐし、骨を取り除きかきまぜて完成!
塩焼きの残りでやる方は、残っている身をほぐし(頭のほうには意外と身が残っています)
ほぐした身にほんの少し、酒と醤油をかけご飯の上に、
頭や骨はご飯の上にガーゼなどを敷き骨がご飯と混ざってしまわないようにし
炊きます!炊き上がったら骨を取りかき混ぜます。
かき混ぜながら骨が入っていないかチェックしてください!
塩焼きの残りでじゅうぶんおいしくできます!一度試してみて下さい!


<保存方法>
冷蔵でお願いいたします

<賞味期限>
箱で冷蔵2日くらい

<サイズ>
20~30cmほどで、特大サイズではありませんが、身のしまった天然物の真鯛です。
▼ もっと見る