甲州百目柿 枯露柿  ころ柿  お試し用

甲州百目柿 枯露柿 ころ柿  お試し用

干し柿、枯露柿で使われる渋柿は、
甲州百目(ひゃくめ)という350〜400gもある大きくて釣鐘形をした立派な柿を
使用します。

甲州百目の名前の由来は、百匁(ひゃくもんめ/約375g)からと言われており、主に甲府盆地周辺で栽培されていることから、甲州の名がつけられている柿です。

全ては手作業です。
柿の皮を剥き、燻蒸します。竹竿など長い棒に吊るして、雨の当たらない風通しのよい軒先などで14-20日間ほど乾燥させます。

高級柿としてお歳暮にお使いくださる方が多く、現在はワインとの相性もよく
ワイン好きの方にもお取り寄せ頂いております。


食べたことがないので・・試しに食べてみたい!
という方にばら売りをご用意しました。
家庭用のため、表面のこの吹き方がバラバラです。
通常12月にならないと出回らない枯露柿ですが、訳あり品の為、先出しさせて頂きます。

1個80gになります。


暖かい日ですと、輸送中に粉が溶ける場合があります。
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る