酵母を与えて育った平飼いたまご20個(元気たまご)

酵母を与えて育った平飼いたまご20個(元気たまご)

内容:たまご20個(重量目安1.0~1.2㎏)

発送日:日曜日, 月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日

1,700 (税込 / 送料別)

<こだわりポイント>
より美味しい卵にならないかと、試行錯誤を繰り返しやっと納得のいく卵ができました^_^
ファフィア酵母という自然由来の酵母で、ビタミンEの500〜1,000倍の活性酸素消去能(抗酸化作用)を有すると言われている“アスタキサンチン”を含む酵母を鶏の餌として与えて作りました。

私自身、薬のような添加物を鶏の餌に入れるのがすごく嫌で、娘にも与えられないようなものは作りたくないのですが、こちらは自然由来の酵母で、鶏にも良いそうです。

アスタキサンチンは、医療や食品などいろいろな領域で注目されている成分だそうです。緑藻類や甲殻類、魚類などに広範に分布している天然赤色色素で、分かりやすいところだと、蟹や海老の殻の赤い成分だそうです。

今回、この酵母の作った成分を鶏の餌として加えることで、より美味しい卵に仕上がりました。色味は今までの平飼い卵よりも黄身が赤に近く、オレンジ色と赤の中間くらい。優しい甘みを感じるようになりました。

何よりも鶏がより活発になった気がします⁈ いつも以上に自由に動き回り、好きな時間に餌を食べ、地面をつついたり、砂浴びをしたり、止まり木に飛び乗ったりと自然に近い状態の平飼いで育てています。

餌は鶏が最も大好きなトウモロコシ🌽、米🌾、大豆絞りかす、魚粉などを与えています。他にも(人も昆布や海藻を食べると身体に良いですよね!だからこそ鶏にも)海藻粉末を与えることでミネラルを補給、ホタテの殻を与えることでたまごの殻がしっかりし、鶏の健康状態を考えて育てています。今回からファフィア酵母を与えて育てています⭐️

また、今回の平飼い小屋は、私が栃木に戻って初めて全て一人で手がけたものです。かなりの手間暇をかけたので、思い入れが強いです✌️

以前入居していた鶏が卒業した後、鶏糞やホコリを取り、鶏舎内を水洗いと殺菌消毒による鶏舎の大掃除。
十分に乾いた後に、消石灰(ウィルスや細菌は生きていられるpH域が決まっており、強い酸性もしくはアルカリ性の環境では死滅してしまうことから、土を消毒するために使います)をまいて消毒。

続いて、米のもみ殻を炭にした”くん炭”をその上に敷いて消臭効果と通気性をアップ⤴️、さらにその上にもみ殻をひいて、好気性土壌菌が鶏糞を分解しやすい環境に。

鶏が歩いたり、走るたびにカサカサカサっと、もみ殻の音が鶏舎の中に響き渡ります。少しアスレチックの要素を取り入れてるために、丸太を水飲み場に設置。鶏が丸太に飛び乗り、丸太から水飲みをします。


<オススメの食べ方>

「おいしいたまごかけご飯が食べたい」とお買い求めのお客様も多いこだわりのたまごです。たまごかけご飯はもちろんのこと、たまごの味がはっきりわかるダシ巻きたまごやカルボナーラなどにも愛用されています。もともとたまごかけ用のたまごなので、たまご特有の生臭さがないので、スーパーで買ってきた卵と元気たまごを割って臭いを比べてみて下さい、きっと納得して頂けると思います。オレンジ色から少し赤みがある黄身の色で、食欲を刺激しますよ。

<保存方法>
10℃以下で保存して下さい。

<賞味期限>
賞味期限は産卵日含め21日。賞味期限経過後は十分加熱調理して下さい。
▼ もっと見る