枝豆の概念が変わる 黒豆の本場 丹波篠山のコク旨黒枝豆

枝豆の概念が変わる 黒豆の本場 丹波篠山のコク旨黒枝豆

〇兵庫県丹波篠山産 黒枝豆の令和3年度後半最終の収穫発送中です。
10月末からはさや色が黄色味を帯びて、実が赤紫色になり茹でると黒や灰色になる、より深い旨みと甘さ、ボリュームある粒の大きさをお楽しみ下さい。

◎黒豆生産日本一の本場である兵庫県丹波篠山市産 丹波黒枝豆莢枝豆を鞘枝豆に選別して1kg(1人から6人分)を鮮度保持袋に封入してお届けします。

~丹波黒枝豆莢枝豆って?~
丹波篠山産の黒枝豆は、お正月にお節料理でいただく『黒豆』を10月にふっくら大きくなった青い状態で収穫する大きな枝豆です。江戸時代中期に出された料理本(料理網目調味抄)には『くろ豆は丹波笹山の名物なり』と約300年前から丹波篠山は黒豆の本場であったようです(^^♪

ちょっと長い商品詳細は⇩から

~丹波黒枝豆は~ 
 独特のコクや甘み、ほっくりとした食感など、最高級の美味しさです。
 丹波篠山以外でも丹波黒枝豆が栽培されていますが、丹波篠山で採れた黒枝豆は一味も二味も違います。丹波篠山特有の肥沃な大地、昼夜の気温差と美味しさの秘訣が盛りだくさん。ぜひ丹波篠山産の黒枝豆をご賞味ください。
※現在栽培中のため10月収穫期になりましたらご予約いただいている順に収穫し発送させて頂きます。

<こだわりポイント>
樹木堆肥を自社生産し3年かけて熟成醗酵して土づくりを行っています。肥料にはぼかし肥、有機肥料、アミノ酸液肥、酵素、初期除草、防除(JAS有機資材認定微生物剤)使用の農薬節約栽培です。
 
<オススメの食べ方>
塩で茹で枝豆がいちばんのおススメです。

他にガーリックオイルとブラックペッパーと岩塩で炒めても美味しいです。10月後半の黒かかった枝豆はコクある枝豆ごはんとして最高です。

<保存方法>
鮮度保持袋(P-PLUS)500g袋×2袋1梱包にて包装しています、お届け後は冷蔵庫で4日~6日の保存が可能です。
(包装袋はジップタイプなので、開封後は普段のお野菜類の保存用にお使いください)

<賞味期限>
お届けより冷蔵保存で6日

〇丹波黒枝豆栽培や作業の様子は⇒ https://www.instagram.com/tanba_sasayama_hinata_fargram/

美味しい丹波黒枝豆の茹で方
お正月に食べる黒豆を若サヤの時期に食べるのが丹波黒枝豆です。粒が大きくうぶ毛が伸び、黒ずんだりしているのも美味しい証です。塩は多めの方が豆の甘みが際立ちます。
① 大きめのボールに水洗いした枝豆と塩を入れて両手で枝豆のうぶ毛を揉み取ってください。
② 塩がついたまま、たっぷりの熱湯で茹でてください。(茹ですぎは甘みを逃がします)
③ 10分程経って味見をし、少し硬い位でザルに移してください。
④ お好みで塩をかけてお召し上がりください。
■茹で方レシピは同梱致します

〇冷凍する場合は4〜5分粗茹で後放熱してジップロックで空気をできるだけ抜いて冷凍保存してください、召し上がる時は③参照してお好みの硬さに茹で上げてください。

~10月にお届けのご予約商品です~
ご予約を頂く事で更に栽培に対して責任感と既にお買い上げ頂いているお客様の枝豆への愛情を深く栽培に集中できます。 他沢山の丹波黒枝豆販売サイトもありますので、比較ご検討くださいませ。

※農薬使用について
初期除草剤、害虫防除(有機JAS防除剤)各1回使用。

丹波黒枝豆 #黒枝豆 

〇P-PLUS とは写真下部の鮮度保持フィルム袋を使用します。黒枝豆お召し上がり後は普段のお野菜の保存に再利用頂けます(袋のデザインはシーズン途中で変更する場合があります)
もっと見る

便利なお届け通知や、限定おすすめ情報も!
いつでも、どこでも、農家・漁師と繋がろう!

アプリで商品を見る